おかしな閣議決定ばかり

一昨日は母の日でした。

うちの子たちは誰も何もくれず、感謝の言葉さえありません。

あ~、育て方が悪かったです。

でも、娘は、昨日が研究発表で、土日は大学へ行って帰りも遅かったので母の日どころではなかったかもしれません。

長男は、毎月食費を少しだけ出してくれていますが、最近4か月ぐらいくれてなかったようで(私も気にしてなかった^^;)昨日4か月分くれました。

少しは「母の日に何もあげてなかった・・・」と考えたのかな?

4か月分をもらってプレゼントをもらった気になる母でした^^;


さて、共謀罪法案の採決が近づいています。

今日の中日新聞の特報面に

「閣議決定 異様な連発」という記事がありました。

最近では、「総理大臣夫人は私人である」と決めたり、教育勅語やヒトラーの「我が闘争」を条件付きで容認したりしています。

「『そもそも』という言葉には『基本的に』という意味がある」ということまで、こじつけで決定しています。

こんな内閣を支持している人は恥ずかしくないですかね。

最後の所で、共謀罪について大学教授と思想家がこう述べています。

「共謀罪は立憲・民主主義を破壊するためのもの。国会の威信をおとしめるため、無能な大臣を登壇させて支離滅裂な答弁を繰り返させた末に、できの悪い法律を成立させることで国民に圧倒的な権力性を見せつける。それが安倍首相の狙いだ」

「いったん共謀罪が成立してしまうと、法的拘束力などなくても、安倍政権が閣議決定で黒を白と言ったら、それが現実になるだろう。すでに立憲体制は崩れており、民主主義が壊れつつある。国民一人一人が本気で抵抗しないと、この国は崖を滑り落ちるように独裁国家に転落していく」

と警告しています。

時間はないですが、強行採決を阻止するために、やれることをやっていきましょう。

「共謀罪」の創設に反対する緊急統一署名

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。いつもは政権にばかり目がいきます。でも今日ばかりは眞子様が婚約された喜ばしいことにも。大学3回生になる息子は院進学志望ですが、TOEIC試験もまだ受験せず・・。TOEICは必ず必要ですからね。
将来とか就職とか現実的なことがまだまだ見えてないし、しっかりしてないしで、婚約なんて遠いことだなあとふと思ったりしましたね。息子のみならず自分の老後も心配ですが。そんなこんなのわが子ですが、加計学園もだんだん暴かれてきました。我が家は関西にあるためか、森友学園や加計学園のニュースが毎日のように目にするんですね。そして昨夜のニュースにまた籠池さんが登場。まだまだ持っているんでしょね。こういった事実や資料を籠池さん以外の誰かが引き受けて告発するのが一番なのかな?ロッキード事件のような・・。どうなんだろう。どうするのがいいのか。先日告発した市民団体「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」のHPをみて、会員になろうかと思いましたが、頭の中で(もし「共謀罪」が成立したら将来何らかの不利益がくるのではないか)と浮かび躊躇しました。こういうことですよね、「共謀罪」。同じ思想に参加するだけで、何か不利益が生じる可能性が生まれるかもということだと思いました。
そして告発するにも、きっちりした文章が必要で、法律や行政の専門的な知識もなければ何もできないと痛感です。

Re: No title


アマリリスさん、コメントありがとうございます。
久しぶりの明るい話題で、よかったですね。
眞子さまはうちの長男と娘の間の学年ですから、やはり比べてしまいます。
うちもまだまだです。
あと、喜ばしいことなのですが、時期的にこの話題が利用されているようにも思えてしまいました。

こちらの新聞では、森友学園のニュースは少なくなっていたし、加計学園はほとんどなかった気がします。
でも昨日の、ゴミはなかったというメールや、総理の意向の記述は大きなニュースでしたね。
どんどん、証拠が出てきてほしいです。
やはり告発とかになると、専門家の人にがんばってもらうしかないですね^^;
それに私も共謀罪ができた後のことは考えてしまいます。
みんなが萎縮することは目に見えますね。

提案もありがとうございます。
まだ初心者?なのであまり専門的なことはわからないのと、関心のない人が興味を持ってくれたらいいなと思っていました。でも下の方では目に留まりませんよね^^;
これから考えていろいろ試してみたいです。
いつも応援ありがとうございます。励みになりますp(^_^)q

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア