夏休みを振り返って

明日で夏休みが終わる。

半分以上は補習と部活でいつもと変わらない生活だった。

わずかな休みもどこにも行けず、友達ともあまり遊べず、少し息抜きができた程度かな。



勉強の方は、英単語を覚えること以外の課題は一応終わったみたいだが、自主勉強はやはり無理だった。

せめて課題の間違ったところを、もう一回通りやれればいいと思ったが、一通りやるのが精一杯だ

模試の結果が出た時、「がんばっても模試で点を取れる気がしない」と弱気な発言をしていた。

その後は、悔しいからがんばるわけでも、やる気をなくしてやらなくなるわけでもなく、マイペースでやっているようだ。

課題を一通りやるのは普通で、やはりそれ以上にやらないと目標の大学に行くのは難しいだろう。

3年生からはみんながんばるから、1,2年のうちからがんばってほしいが、まだ意欲が足りないようだ。

課題以外のものをやるのは難しいから、課題を2,3回繰り返して完璧にするほうがまだ期待できるかな。

それを伝えても本人がやる気にならないとできないし。

もどかしいな~

2学期からまた気合を入れ直してがんばってほしい。

先生が、また、やる気の出る言葉をかけてくれないかな〜^^;

(なんと他力本願


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

そのうち・・・良くなった

少し前、落ち込んでいて「そのうち良くなる」という記事を書いたら本当良くなってきた。

ブログに書いたおかげと言いたいところだが、すごく元気な友達に会って、元気を分けてもらえたからだ。

そして読むとやる気の出る文章をメールで送ってくれるし、「自分を磨く方法」という本を紹介してくれた。

そうしたら、だんだん気持ちが上向いてきた。


友達が「夢をノートに書いておくと、叶うこともある」と教えてくれた。

そういえば14年前「なりたい自分になる100の方法」という本を読んで「夢ノート」を作ったのを思い出した

初めの頃は毎日目標を決めたり、反省を書いたりしていたが、だんだん普通の日記になり、前のブログを書くようになって
たまにしか書かなくなってしまった。

その後にも、たまに自己啓発の本を読むとやる気になるのだが、いつの間にかその気持ちを忘れてしまっていた。

年始に一応目標を決めるが、またいつの間にか忘れているし・・・


いつも同じことの繰り返しだけど、何度もやっていればそのうちできるかもしれない。

また新たなスタートの気分。

やる気が出るときは自分が変われそうな気がするから不思議

少しのことでくよくよするのは時間がもったいない。

なるべく前向きな気持ちでいられるようにしたい。



失敗しても何度でもやり直せばいいし、今度は本を時々読み返してやる気を持続できるといいな。


友達が教えてくれた中で、まずは、

諦めないこと

なりたい自分をイメージすること


をがんばりたい。

がんばりすぎると疲れるから少しずつ・・・


今日は自分の話だが受験も一緒だね


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村





何度も何度も繰り返す

この頃物忘れが気になってきたので、9日前から英単語を覚えることと、新聞のサンデー版のパズルなどをやることにした。

無理せずできる範囲でなるべく続けるように。


英単語は無駄になってもいい覚悟でシステム英単語のCDを買い、聞きながら覚えている。

私はiPhoneに入れたので、CDは次男が一応自主的に自分の部屋に持って行った^^;

いろいろな暗記法を読んだが、この頃読んだものでは、1日100語を1週間で覚え、次の週に次の100語を覚える・・・というものがあった。

でもやってみると、1日30語ぐらいが限界かな。

もちろん30語でも覚えられない語がいっぱいだが、覚えれない語はノートに書いて暇なときに見ることにした。

あまり見れないけど

最初のうちは知っている単語もまあまああったが、だんだん知らない単語が多くなってきた。

今は180語で止まって復習をしている。

昔はもっと簡単に覚えられたはずなのに、今は何回やってもすぐ忘れる

でも勉強法を調べるだけでなく自分でも試してみたいし、英語は聞き取るのは無理だけど、英文を読めるようになりたいと思うからがんばろう。


サークルに入っていた頃、最初の2,3年は、毎週、1分間ぐらいの英語や韓国語、その他の言語の文章を暗記していた。

CDで聞いて何度も何度も真似をしたから外国語のメロディやリズムはわりとそっくりに言えるようになった。

発音は耳も悪いし、口の動かし方もわからないから、似た音しか出せないけど、ホームステイに来た人に英語や韓国語を聞いてもらったら通じてうれしかった。

その時は、料理や掃除をしながら、何度も何度も思い出しながら、繰り返し声に出して覚えていたっけ。

サークルのみんなの前で、言えるようになった文章を言ってみて、ほめられたからがんばれたんだけど。

それにスラスラ言えるようになると、自分が外国語を話せているみたいで気分が良かった。


次男はどうしているかといえば、ようやく最近やり始めたようだ。

約450語が課題なのに、今150語ぐらいらしい^^;

短期間で集中して覚えるよりも、毎日少しの時間を何日も続けた方がいいと教えていたのに・・・・

まあ、自分のやりやすい覚え方でやるのが良いのだろうけど。

さて、私の場合いつまで続くかわからないけど、ブログに書いたからやめるのは恥ずかしい^^;

なるべく長く続くようにがんばるぞ


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村






英語は身についた?

語学サークルに入ったり、その後の勉強で英語がどのくらい身についたかを書きたい。

長男は小3から小6まで4年間サークルに通っていた。

たくさんの友達といろんな経験ができたが、語学に関しては英語のCDと韓国語のCDを少し覚えただけであった。

中学では塾の英語の先生が厳しくて鍛えられたためか、英語の成績は良かったが、高校では勉強をあまりしなかったから、英語が一番の苦手になった。

高校の時、アメリカの高校生の受け入れを2回した。

ゲームで遊んだり、公園で遊んだりしたが、ほとんどジェスチャーで会話していたし、周りの家族が聞いているから英語を使うのが恥ずかしかったというのが大きいと思うけど、英語を使おうとしなかった。

大学でも1年の時英語の単位を落として2年でとったし、TOEICも何回か受けて、点数は聞いていないが取れてないと思う。

院試や就職試験がなんとか通ってよかった



娘は、高校時代までは一応真面目に勉強したから苦手ではなかったが、得意でもない

大学に入ってからは英語の勉強をあまりしていないのもあって、やはりTOEICで苦労している。



次男は中1でアメリカにホームステイに行ったのに、あまり喋らず帰ってきたようだ。

私は行く前と行った後に数回ホストファミリーのお母さんとメールのやりとりをしたのが楽しかったが、次男は全然書こうとしなかった。

中学の英語の成績はまあまあだったが、問題はこれからである。



サークルでは高校生で1年間留学するプログラムがあって、みんな現地の言葉を習得して帰ってくる。

語学を習得するだけでなく、いろいろな経験をして精神面でも成長している。

でも帰って来くると留年して1年下の子たちと勉強するか、進級しても英語以外の教科の1年分の勉強を余分にやらなければならない。

うちの子たちは、行きたいと思ったとしても行く勇気があったかなあ・・・

サークルに入って、外国人と触れ合う機会は多かったし、間違いは気にせずに知ってる言葉を並べて何とか伝えればいいということを学んだが、子どもたちは人見知りをするので、「知り合った人たちと英語やその国の言葉で話したい」という気持ちにはならなかったようだ。

やっぱり英語は興味を持てるかどうかかなあ。

洋楽が好きで歌えるようになりたいとか、洋画を字幕なしで見たいとか、外国の人と友達になりたいとか思えば、放っておいてもがんばるかもしれない。

うちの子たちはそういうことがなかったからあまり身につかなかったと思う

次男にはまず、受験勉強としての英語をがんばってほしいが、せっかく勉強するなら将来は仕事や旅行などで外国の人とコミュニケーションが取れるようになるといいな。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村








進研模試の結果

7月の初めにやった模試の結果がやっと返ってきた。遅くない?

もう明後日がまた模試なんだけど。

残念なことに学年で76位だった

定期テストとすごい違い

数学はまあまあだが、やはり国英が悪い。

悪いとは予想していたが、実際順位を見るとがっかりである。

実力のなさを思い知らされた(>_<)

本人はもっとがっかりしているだろうし、恥ずかしかったかもしれない。

先生によると、定期テストが2回とも良かったから「神」なんて呼ばれることもあったらしいが、思いきり「ただの人」だった^^;

「お姉ちゃんも最初は同じぐらいだったから大丈夫」と励ましたが、「それじゃあ浪人しちゃう」と言われてしまった

今から効果的な勉強法を早く見つけてがんばれば、現役で行けるよ、きっと。

目標は高く持たなくちゃね^^;


次男の学校からN大に行く子は10人ちょっと。

模試でも10番以内を目指してがんばってほしい。少しずつ上がればいいから


娘も定期テストはよかったが、模試になると順位は下がってしまった。

定期テストはよくなくても、N大に現役合格した子は何人かいた。そういう子はどんな勉強をしていたのだろう。


模試の成績を上げるために、何をどうやればいいか、みんな試行錯誤しながら見つけているんだろうな。

今週の土曜日に全統記述模試がある。

それはまあ気にせず、11月の模試に向けて対策をしっかり立ててがんばってほしい。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村



語学サークル

この前早期教育について書いたが、今日は語学サークルについて書きたい。

長男が小3、娘が小1、次男が1才の時に入り、次男が中1までやったから、12年続けた。(上二人は小学校の間だけ)

たくさんの言語を赤ちゃんのように自然に話せるようになろうという所で、本当はサークルではないが、ここではサークルと呼ぶことにする。

先生もいないし、クラス分けもないし、テストもないし、みんなで知っている言葉を教えあうところだ。
他にもいろんな活動があるけど。


体験に行ったとき、子どもたちがマイクを持っていろいろな国の言葉を話しているのに驚いた。

上の子たちは英語教室も割と嫌がらず行っていたが、親と同じく人前で話すのが苦手な子たちなので、語学よりも人前で話せるようになってほしいと思ってサークルに変えた。

入ってすぐは英語のCDを少し覚えてみんなの前で話したりしたが、それ以上続かず他の子たちと遊んでいるだけだった。

私の方が、覚えて話すとみんなほめてくれるので、がんばって覚えていろんな国の言葉をたくさん暗記して言えるようになった。細かい意味は分からないけどね

積極的な子どもたちは、いろんなイベントの企画をしたり、司会をしたりしてどんどん伸びていくが、

うちの子たちは機会を与えてもらってなんとか話せても、自分から話すことはできなかった。

週に何回行ってもいいので、初めの3年ぐらいは週に3〜4回は行っていた。

夜の7時から9時までで、子どもたちは他の子たちと遊べて楽しそうだったが、家族で過ごす時間はあまりなくなった^^;

でも、3人とも小5で韓国に2週間ホームステイに行ったし、次男だけは、中1でアメリカに1ヶ月行った。

サークルに入らなければ考えもしなかっただろう。

ホームステイの受け入れも10回ぐらいした。

韓国の大学生が多かったが、中国、マレーシア、インドネシア、アメリカ、ドイツの人も来た。

また、サークルの人たちとは、大きな家族みたいで、持ち寄りパーティーをしたり、花見、花火大会などにも出かけた。

いろんな経験が出来て楽しかったな〜^_^

子どもたちは、人前で話すのは苦手なままだが、たくさんの友達と遊ぶことは好きになった。

サークルにただ参加するだけではなくて、もっと子どもたちが話せるように働きかければよかった。



苦手なことを克服することはできなかったけど、子どもたちはまだまだこれからだよね

これから自分の力で少しずつ克服できるようにがんばれ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村






我が家の早期教育

恥かしいが、中途半端だった早期教育について書いてみる。



長男が生まれた時1年の育休をとった。

その間にやったこと

・絵本のセットを買って読み聞かせをした

・公文式のカードを見せた

・ディズニーの英語教材を買って、ビデオを見せたりカード遊びをした

・6か月から1才まで赤ちゃんスイミングに通った

思い出すのはこんな感じかな



娘が生まれた時も1年の育休をとった。

・2歳の長男を半年間公文の幼児教室へ連れて行った。

・長男に英語教材を見せたり、ジグゾーパズルをしたり、字や数字を教えた。

2人いると育てるだけで精一杯で特別なことはなかなかできないし、あまり覚えていない。


次男が生まれた時に仕事を辞めた。

・家庭保育園の教材を買って、フラッシュカードをしたり、カードで遊んだりした

・長男を七田式の教室に1年弱通わせた(早期教育じゃなけど)

・長男と娘を近くの英語教室に1年通わせた


次男が1歳の時、「たくさんの言語を自然に習得しよう」というサークルみたいなところに私と子ども3人で入り、七田も英語教室もやめてしまった。

ここで子どもたちより私の方が夢中になり、いつの間にか早期教育について頭から離れてしまった



子どもたちはカード遊びなどで、字を早く覚えたり簡単な計算もすんなりできるようになったし、わりと記憶力は良い方だと思う。

小さい頃の成長記録を見ると、早くからいろいろなことができるようになって、私も楽しかった気がする。

でも、ディズニーや家庭保育園の教材は、高かったけど使いこなせなかった。

よほど子どもが好きでやりたがったり、親がしっかり計画を立てて継続して働きかけなければ使いこなせない気がする。

絵本のセットも赤ちゃん用と日本昔話と外国の絵本の原書(CDと和訳付)などたくさん買ってしまったが、それも幼稚園の頃に時々読んでやった程度になってしまった。



高い教材は買わない方がよかったが、普通の絵本は買ったり借りたりして小学校の低学年までは、毎日読んでやればよかったなあ^^;

図書館や本屋にもいつも連れて行って好きな本を選ばせればよかった。

もう何回も書いているが、本を読むことと家族でその日の出来事などを話すことを小さいうちにできるようにしたかったなあ。

本やおしゃべりが好きな人ならがんばらなくてもできることなのにね


でも他のことでは少しは効果があった気がするし、私なりにはがんばったから良しとしよう^^;


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村


育てられたようにしか・・・

娘は先週末台風の来る中、1泊で群馬に行ってきた。

サークルの友達8人でワイワイと楽しんできたと思う。

台風は来たが、なんとかお目当てのバンジージャンプはできたらしい。

年をとるとバンジージャンプなんてとんでもないし、若い頃に戻ったとしても私は嫌だけど^^;

その他今年の夏休みは、サークルの子たちとキャンプと合宿、同じ学科の子たちと九州へ、高校の時の友達と京都へ行くようだ。

来年の夏は卒論のための実験であまり遊べないらしいから、今年のうちに遊んでおかなくちゃね。

今が一番いい時かなあ・・・


遊ぶためにはお金が必要で、バイトも忙しい。

娘の部屋はいつになったら片付くのか

前にも書いたが、娘の部屋は本やノート、服などが置きっぱなしである。

私自身も片づけは苦手だし、小さい頃から片付け方を教えてこなかったのでこうなってしまった。




自分自身も料理や片付けなどを教えてもらった記憶がない。

片づけは物が少なかったこともあって、自分である程度片付けてそれほど散らかっていなかったと思うが、料理は全くやったことがなかった。

子どもが幼稚園ぐらいの時は、自分のようになってはいけないと、うまくお手伝いをさせる本など読んでやらせようとしたが、できなかった。

小学校からも、他の事に気を取られていたのか、教えられず過ぎてしまった

中学からは部活と勉強で忙しく子どもに暇がなかったこともある。

これではいけないと時々思ったが、結局できないでここまで来てしまった。



やっぱり自分が育てられたようにしか育てられなくて、親とそっくりの子ができてしまうのかなあ。

好きなことは教えられるけど、苦手なこと出来ないことは教えられない^^;

意思が強くて努力もできる人は、違った育て方ができるのかもしれないが。



恥かしながら、この前韓国へ行ったとき初めて娘がご飯を炊いたり、洗濯をした。

22歳にして初めてである

炊飯器や洗濯機の使い方から教えなければならなかった。

娘は忙しくてほとんど家にいないし、家にいても習慣で私がやってしまうし、頼んでもやってくれない

これからの課題は多いなあ・・・


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
















そのうち良くなる

この頃なかなか元気が出ない。

耳がだんだん悪くなって、みんなの話が聞けないし話しかけれないし、だんだん孤独になっていく気がする。

またちょっとした失敗に落ち込んだりする。

耳から情報が入らなくて脳に刺激が少ないし、会話も少なくなるから、これからのことが心配になる。


☆先のことを心配しても仕方がないから、今を楽しみ大事にする。

☆失敗をしても、同じ失敗をしないように気をつけるけど、嫌な気持ちは忘れて気持ちを切り替える。


と、どうしたらいいかはわかっているのだが、なかなか実行できない。



最近、ブログで「言葉の力」や「プラス思考の力」について読んだ。

独り言でもプラスの言葉を使い、ブログもできるだけ気持ちをプラスに持っていけるように書きたい。

あと子どもに対するのと一緒で、自分に対しても、うまくできないことを責めないで、がんばっていることを認めよう。


気持ちの浮き沈みは誰にでもあるから、またしばらくすれば気持ちも上向いていくよね


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村


にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村




韓国旅行3

3日目 
8:30 ホテル発

     朝食 ソルロンタン(マンドゥ、トッポキ入り)
P1010049.jpg

「華麗なる遺産」というドラマのロケ地なのかな?

店内にドラマの何場面かの写真があった。

この日は朝早かったのですぐに入れたが、前日見たら行列ができていた。

10:00  ロッテアウトレット

最後の買い物

食料品ばかりで大きなスーパーみたいだった。

お土産のたくさんの韓国のりとお菓子を買った。

13:00 仁川空港着

      免税店を見たり、昼食を食べたりした。

買い物をした時の税金を返してもらったりもした。

18:00 日本着


たったの2泊3日、しかも1日目は夜に着いたけど、旅慣れている友達のおかげで、十二分に楽しめた。

超ハードだったけど、美味しいものをたくさん食べ、たくさんのお店を回り、観光もできた。

街では、見慣れた俳優の写真やドラマに出てくる風景が見られて、ドラマを見てわくわくしていた時の気持ちを思い出せた。

サークルでたくさんの韓国語を覚えたのに、みんなについていっただけで全然使えなくて残念

もうだいぶ忘れちゃっているし、日本語さえもあまり聞こえないから会話は無理なんだけどね


旅行など滅多にできなかったが、たまには、非日常の世界へ行って刺激を受けるのもいいな。

韓国はなかなか行けないが、国内で日帰りか1泊ぐらいでいろいろ行ってみたい。


にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア