できることから少しずつ

9月1日にあった課題テストの順位を先週もらってきた。

結果は2位だった。

範囲が狭い校内テストは良い成績がとれるようだ。

この前の模試は英語が良くなったが、「長文がまぐれでできた」と言うし、

「数学は相性のいい問題だったかも」と言うし、

たまたま良かっただけかもしれない。


実力をつけるため、私が参考書を買ってきて、後はやるだけなのになかなか取り掛かれない。

中学の時からテスト週間は勉強するが、長期的に計画を立てて勉強することがなかったし、私が勝手に買ってきたから、意欲もまだないのだろう。

国語と英語の力をつけるためにやる事が多すぎて、買ってきた私が、課題の他にこれをこなすのは大変だと思う


まだ時間はあるので、まずは少しずつ始めることが大事かな。

計画を立てることができないから、やる事を絞った計画のサンプルを考えてみようかな。

定期テストの後からになってもいいし、本人がやりやすいように変えればいいから。



私も次男のことは言えず、やりたいと思ったことがなかなかできてない。

英単語は600まで見たが、だんだんペースは落ちるし復習ができない。

模試の問題がどこで間違っているのか見たいと思いながらもなかなか見れないし。

英単語をだけをやっても面白くないから、簡単な英文から読みたいけどさらにやる事が増えてしまう


私自身がどうしたら勉強できるかを考えて、できるようになったらその方法を次男に伝えることができればいいけど・・・

私もできることから少しずつがんばろう

こんなことをがんばるより料理をがんばった方がよっぽど次男や家族のためになるのに、新しい料理を作ることはもっとできないんだよね

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

全統高1模試の結果

7月の模試のがっかりな結果から復活して、3教科合計は学年で3位になった。

良かった~

と思ったのは一瞬で、よく見ると

英語  20番台
数学   1番
国語 200番台

で、国語は学年平均よりも悪かった

英語がだいぶ上がったのはいいが、国語が悪すぎる。

対策を考えなければと思って、次男に言ってみると、

「もうすぐ定期テストがある」

と言うので、後回しになりそうである。

テスト勉強の他に弱点対策を毎日少しずつでいいからやった方がいいと思うけど、難しそうだ。


次男が国語対策に取り組むようになるにはどうしたらいいか考えよう。

あ~難しい問題だ


今回の模試は上二人の学校は高1の時は受けなかった。

結果が良くなったので受けて良かったし、これでまたやる気を出してくれるといいな。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村





















働きすぎ

今日は娘の話。

娘は去年バイトをしすぎたらしく、扶養から外れてしまって追加の税金を払うことになってしまった。

思っていたよりずいぶんかかる

たくさんの授業料を払ってやっているのに扶養じゃないなんてどういうこと?

一応大台を超えないようにとは言っておいたが、大丈夫だろうと思ってちゃんと計算しなくて超えてしまったようだ。

そんなに稼いでいるなら授業料を払ってよね

それだけ稼いでも高い化粧品代や高くはないがたくさんの服代、遊び代などであまり貯まってないようだ。

いとこに勧められて高いサプリも買うことにしたようだし・・・

ほんとに学生なのに贅沢だし、親も甘いのかもしれない。

まあ今年は気をつけるだろうし、勉強が忙しくなってバイトの時間が減ったから大丈夫だろう。


娘の部屋はこの前ようやく服を片付けて床がすっきりしたが、まだ教科書プリント類はいっぱい机の上に乗っている。

夏休みで片付ける時間は十分あるはずなのに・・・

もうすぐTOEICを受けるが、勉強をしているところはほとんど見ない。

受験料もけっこうかかるけど、私のカードから落ちるんだった

もう親がどうこう言う年ではないが、もっとしっかり勉強してほしい

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村

中だるみ?

この頃、勉強記録に書く一日の勉強時間が2時間というのが続いていて、先生の朱書きが増えていた。

「君は将来を考えているのか?」という厳しいものから、「厳しいことを書いたが、いろいろな可能性があるのにもったいない」という認めてくれている言葉まで。

ありがたいことだ。少しは勉強時間が増えているかな。


ちょっと前に「人によるけど、朝型のほうが良いのでは」という文章を見せたら、試してみたようだ。

でも、少し早く寝て4時に目覚ましをかけたのに起きれない日が続いていて、勉強時間が減ってしまったのかな?

自分に合ったやり方を早く見つけて時間を確保できればいいけど


定期テストは10月の中旬でまだ時間があるからか、まだのんびりしているようだ。

私の買った参考書は、休みの日に少し読んだぐらいで、継続してなく積んだまま

私がやるだけやって本人のやる気が出なければ仕方ないか。


10月の初めに職場体験があって、今はその事前学習があるようだ。

見学場所が「○○地方裁判所」と書いてあったのでびっくりしたが、午後は自動車会社だった。

午前と午後でセットになったコースが10コースあって、その中から選ぶので、一つは関心のある職場で一つはあまり関係のない職場になる。

興味がない所が意外と面白く感じることもあるかな。

しっかり調べて行って有意義な1日を過ごしてほしい。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村









働きかけを楽しむ

私は受験勉強についての文章を読むと、なるほどと思うことが多く前向きになれる。

しかし、次男に見せても心には響かないようだ。

一応がんばって勉強しているだけでもうれしいことだが、欲が出てもっとがんばってほしいと思ってしまう。

勉強ができる子たちは、勉強が苦痛ではなく、面白くてついついやってしまうという子が多いと思うが、次男はまだまだその域には行けない。

無駄な時間はあって、やろうと思えば自主勉強ができるのに


娘も高校時代は勉強をがんばっていたが、徹底してやることや楽しんでやるということができてなかったと思う。

今娘に高校の時のことを聞いても「もう忘れた」と言って思い出すのも話すのも面倒なようでわからないが・・・

私は今、勉強のことを調べて読むことが楽しくてついついやってしまうし、次男の反応は乏しくても、伝えれば次男ががんばれそうな気がして元気になる。

どうしたらもっと次男のやる気が出るか、働きかけを工夫したい。

今は期待外れが多いけど、私が楽しんでやっていることだから「ダメで元々、変わればラッキー」と思っている。

こんなことばかりしてないで、涼しくなってきたから、家の片づけをしなくちゃいけないんだけど・・・

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村

二人の受験から学んだこと

前に長男と娘の受験を振り返ってみたが、次男のためになるようにもう少し反省点をはっきりさせてみた。

長男の時は勉強をしないので諦めていたことがいけなかった。

今みたいにやる気の出そうな文章を捜して送っていたら、やる気になったかもしれない。

(次男はなってないようだが・・・)

親が真剣な姿を見せるだけでも何かを感じたかも。


それと英語が悪すぎた。

3年の初めごろマーク模試では普通の時もあったのに、その後はだいぶ下がってしまった。

やはり1年の時から積み重ねていかなければ実力はつかない。



娘の場合は、得意科目もないが不得意科目がないというのが、国公立にはよかったようだ。

でもやる気はあるのだから、伸び悩んでいた時、一緒に原因や対策を考えてやればよかった。

それと「本番に弱い」とよく自分で言っていたが、そう思っているのがいけないと思い、自信が持てるように言葉がけをしたつもりだがだめだった。

2回目のセンターは、いつもは苦手ではない数Ⅱ・Bが極端に悪く、センターで苦戦することになってしまった。

イメージトレーニングみたいなものも大事だと思う。独学でできるかわからないけど。

また、本番で下がっても受かるぐらい余裕のある成績を目指さないといけない。

思いつくのはこれぐらい^^;


次男の場合、模試の区切りごと、結果を見て対策が立てれるようにしたい。

本人が自分で考えてできればいいが心もとないので、私も解説や分析を見て何が足りないのか考えてさらっとアドバイスできたらいいと思う。

次男は細かい分析まであまり読んでなさそうだし、読んだとしても対策を立てれないと思うから


なんて思うだけでまだやっていないが・・・

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村








参考書とアプリ

この前買ってきた参考書を渡すとき、

「1時間かけて大きな本屋に行って、3時間かけて選んだんだよ(大げさ)」と言ったら、

「せっかくだからもっと買ってくればよかったね」と言った

そんなにやる気があったの?と思ったけど、参考書は部屋に持って行ったまま読んでいる気配はない

やる気はあっても、課題で精一杯のようだ。

いつになったら自主勉強ができるのか。


話は変わって

英単語を覚えるために、iPhoneのアプリを使うと覚えやすいかと思い、使ってみた。

アプリの中の単語カードに英単語と和訳をパソコンで入力し、データをクラウドで次男のiPhoneに移して、次男にもやらせようと思った。

でも次男にその単語帳のアプリを入れさせたが、データを移すことに手間取って何回もやり直していたら、例のごとく「もういいや」と言ってアプリを消してしまった。

なんて諦めの早い。

私もまだ少ししかやってないけど、スキマ時間にやりやすいのにな~。

まあ自分がやりやすい覚え方でいいけど、ちゃんとやってるかな?



私は400まで一応見たが復習がなかなかできなくてどんどん忘れてしまう。

私もスキマ時間にがんばらなければ

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村



次男の少しの進歩

時々次男に勉強法を印刷したものを見せたり、メールで送ったりしている。

この前次男が、読んだプリントを持ってきて「勉強法は読む」と言った。

すご~い、進歩!

でも「こういうの(気持ちの持ち方)はいいや(読まない)」

ガクッ


私が読むとやる気が出るような文章を選んで送っているのに・・・

次男はハッパをかけられるようなことが嫌なのだろう。

冷めていて「こんなにはがんばれない」と思うのだろう。

勉強法に少し興味を持っただけでも良しとしなくちゃ。

まだまだ少しの進歩だけど・・・



ということで気を良くして、車で1時間もかけて大きい本屋へ行った

評判の良い参考書でも実際に手に取って見てみないと次男に合いそうかどうかわからない。

次男が「語彙を増やさなきゃ」とボソッと言ったので、語彙の参考書を探してみた。

目にしたことのないような難しい言葉と細かい字で解説が載っていて、すぐに閉じたくなるような本ばかり。

でも苦手克服には避けて通れないので、一番易しそうな読むだけでなくドリル形式になっているものを買った。

他にも英文解釈の本などを買ってしまった。


無駄になること覚悟で

本人が買いに行くわけはなく、家になければ絶対にやれないから。

机の隅に置いておけば気が向いた時に手に取るかもしれないと期待して

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村




娘の受験

娘は長男とは違い、1年から真面目に課題をやっていた。

塾には行かなかったが、長男を見ていたから、高1の3学期ぐらいから交流館で9時まで勉強をして帰ってきた。

夜が弱いので家では勉強せずに寝てしまうが、朝4時か5時頃に起きてしていたと思う。

1年生7月の進研模試は次男と国英が同じぐらいで、数学は次男よりも悪かった。

でも真面目にやっていたからか、11月からは上がってそのまま3年生まで同じぐらいの成績をキープしていた。

3年になると定期テストは良かったが、模試は少し下がり伸び悩んでいた。

夏休みも平均10時間弱ぐらいはやっていたし、2学期が始まってもやれるだけがんばっていたのに・・・


模試も伸び悩んだが、本番のセンター試験は模試よりも偏差値は5下がった。本人が思っていたとおり本番に弱かった

親は行ける大学に行くだろうと思っていたが、私立は受けなかったし、可能性が低くてもN大を受けた。

やはり本人なりにがんばっていたから妥協するのが嫌だったようだ。

浪人する仲間もいたし・・・


浪人して当然前半はだいぶ上がったが、後半は伸び悩んだ。

現役時代もがんばってあの成績だったから伸びしろが少なかったと思う。

2回目のセンター試験も良くなく、模試の偏差値より4下がった。1回目よりは80点ぐらい上がったが・・・

本当は農学部を目指していたが、工学部でも判定がCだったため工学部にした。

2次試験も手応えはなく、多分ダメだろうと思っていたがなんとかN大に合格した。

2次の配点がセンターの2倍以上だし、思ったより取れていたみたいだ。

センターで失敗した後から発表まで約2か月間はずっと重い気分だったので、その分喜びも大きかった。


娘にも受験のための本を数冊買ったが、あまり参考にならなかったようだ。

あとは2回目の受験の少し前から気持ちの持ち方が書いてある文をメールで送ったりしていたぐらいかな。

あのころは、今のようにネットで調べても勉強法についてあまり載ってなかったかもしれないが、今と同じように調べてやればよかった。

うちの子たちは、もともとの能力が足りなくて勉強しても伸びないのかもしれないが、良い勉強法を見つけてがんばれば伸びると信じたい。

またあの受験がもう一度あるかと思うと気が重いが、まだまだ先だから、とりあえず今次男にしてやれることをがんばろう。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村






長男の受験

長男の大学受験はもうだいぶ前のことで忘れているが、思い出しながら書いてみたい

「はじめに」のカテゴリでも書いたが、長男は野球をがんばっていて、勉強をがんばり始めたのは2年の1月ぐらいからだと思う。
それまでは、どうやって課題を出していたのかと思うほど、家で勉強しているのを見たことがなかった。

といっても、2年の3学期から学校帰りに交流館に寄って9時まで勉強して帰るようになっただけで、家に帰ってからは疲れて勉強せずに寝ていたと思う。

でも不思議なことに模試の偏差値が良かったのは、2年の1,2月から3年の6月ぐらいまでだった。

ということは2年の2学期ぐらいからがんばっていたのかと思うけど、2年の秋は部活の主力になって打ち込んでいたから勉強はがんばれなかったはず?

2年の冬に肉離れを起こして練習できなくなったから勉強がやれるようになったと思う

でも3年の7月に部活を引退した後も受験まで交流館で勉強していたはずなのに、夏からは伸び悩んで偏差値は下がってしまった。

家から通える国公立は長男にはレベルが高くて無理なので、近隣の県の国立を志望校にしていた。

模試では伸び悩んでいたが、定期テストはがんばれば上がるから、先生が声をかけてくれてM大のAO試験を受けることになった。

といっても、親は募集要項も見たことがなく、AOなんてどんなものか調べもしなかった。

2学期に1度M大に行ってスクーリングを受けてきて、いつ頃か忘れたけど、担任の先生に見てもらって自己推薦書を何度も書き直して練り上げたり、面接の練習をしてもらっていたと思う。

センター試験は、もう少し取れてもいいかと思ったけど、だいたい実力通りという所かな。

M大の判定はC判定で、記述模試も良くないから長男が先生と話し合って、A判定が出ていた少し遠くの国立に前期後期とも出願した。

私はボーダーよりわずかに下ぐらいだからM大を受けてほしかったのだが・・・

でも2月中旬にAOの2次試験の面接があり、次の日には合格が決まった。

AOを受験してセンターで落ちる子は少なかったが、長男の学科ではセンター試験を通ったのは29人で、2次に受かったのは13人だったと思う。

受かるとは全く期待していなくて、もっと遠くの大学に行くことになると思っていたので、うれしかった。

よくぞあの口下手な長男が受かったと思う。先生が面接の練習をよくしてくれたおかげで、ありがたかった。

家からは通えないが、車で2、3時間ぐらいで行けるところだ。

(でも近くても帰省するのは年に2,3回だけど


長男は一人目だから大学受験のことがよくわからなかったし、よく調べることも、長男の様子をよく見ることもしてなくて、あまり覚えていない。今思い出すと何もしてやれなくて申し訳なかった。

今長男に対してできることはあまりないが、就職してから参考になりそうなことは、一応メールで送っている

次男の場合は受験まであと2年半あるので、私も勉強して次男のやる気がもっと出るようにいろいろ試してみたいし、見守っていきたい。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
美容院に行くと別人になる

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村








検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア