頼りたい

次男の学校は普通の公立進学校なので、2学期の期末が終わってから数2Bに入り、進み方が速くなったらしい。

それで学校の問題集に時間がかかるらしく、また課題だけで毎日終わってしまうようだ。

毎晩、2~3時間は勉強しているのだが、普通にやっていてはなかなか上がっていけないと思う。

夜9時ごろから12時ごろまでの自室にいる時間を、いかに計画的に効率よく勉強するかが問題だ。

いつも書いているけど、朝起きてから学校に行くまでにのんびりしている時間があるから、その時間を勉強に使えばいいのにとも思う。


私自身も夜はテレビを見てしまったり、疲れて横になってしまったりして、やりたいことがなかなかできないから、人のことは言えないけど・・・。


母親がいろいろやってもだめだし、自分自身で意識を高めるのも難しいから、良いアドバイスして意識を高めてくれる人がいないかなあ。

なんて、たまには弱気になることもあるが、なんとか自分達でがんばらなくちゃ


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

行動に移そう

次男が先日学校からお便りをもらってきた。

その内容は勉強法のことで、いつも「いいなあ」と思いながら読んでいる内容とだいたい同じだったので、大事なことは一緒なんだと思う。



「才能よりも磨く方法が大切」

ということで、伸びない人の勉強法が10個載っていて、次男も結構当てはまっていた。

・休日は朝寝坊になりがちである。

・金曜日の夜は、勉強しない。または普段より学習時間が少ない。

・「そんなの無理」「できるわけがない」と、よく声に出して言う。

その他にも微妙に当てはまるものもあった。



「夢や目標をイメージ化する」

写真を貼ったり目標を書いた紙をいつも見るといいそうだ。


たくさんのためになることが書いてあるのに、じっくり読んだだろうか。

「目標を貼る」というのは面倒だし、家族に見られるのが恥ずかしいからきっとやらないだろう。

行動するかどうかで、これからの伸びが全然違うのに・・・・



やっぱりまだ意識が足りないなあ。

殻を破ってほしい。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村

9年の差

昨日長男の同級生A君のお母さんに偶然会った。

A君は長男が中学の時の野球チームで一緒だった友達である。

A君は中学を卒業して企業内学園に入った。

授業を受けるが、就職なので初めから収入もある。

だから15歳からもう9年も働いているのだ。

しかも2年前に結婚して、今、親と一緒に住む2世帯住宅を建てているという。

長男はやっと4月から就職予定だからすごい違いだ。

子どもは大学に行くものだと思って育てて、その通りになったが、子どもが早くから自立してくれたら親は楽だよね。

A君のお母さんをうらやましく感じる。

就職しても親はいろいろ心配なこともあっただろうけど。



長男は、今まで長い期間、気楽に過ごしてきたから、これからしばらく大変でもがんばらなくちゃね。

やりがいを見つけて、年相応の仕事ができるようになっていってほしい。

親も6年間長男に対しては何もせず過ごしてきたから、家に帰ってきたらできることをしてやりたい。

なんて、まずは卒業してもらわなくちゃ。そして私は家の片づけをがんばるんだった


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村







無駄なことはない

次男は昨日、友達と遊んで11時に帰って来た。

たまにだからいいけど、回数を増やさないでほしいな^^;

さて、この前「勉強法を調べることが無駄になってもいい」と書いたけど、
次男に勉強法に関する文章をメールで送っても、「読んでない」と言われるとやっぱりがっかりだ。



無駄と言えば、今までがんばったり、好きでそればかりやってきたことは、今の自分にとってはあまり関係のないことになり無駄だったように思える。

前の仕事をがんばっていたこと、サークルで外国語の文章を丸暗記したこと、韓国ドラマをたくさん見たこと・・・

でも興味が移っていって、どうしてあのことにあんなに一生懸命だったのかと思うことは誰にもあると思う。

「人生に無駄なことは何もない」とよく言われるから、やはりいろんなことでがんばったり楽しんだりしたことが今の自分を作っているのだろう。


「結果よりも過程が大事」とも言われるし、「人生全体が暇つぶし」みたいなことを聞いたこともある。

その時その時でがんばりたいことがあって、がんばれることが大事かなあ。

そう考えると、勉強法を調べることも無駄ではないということになる^^;


しつけは別として、親がやってほしいと思ったことを子どもがやらないのは当たり前だよね。

次男にとって興味のない文章を読まないのも仕方がない。

でもあきらめずに続けていれば、変わるかもしれない。

それには時間がかかるだろうけど。

ということで、めげずにこれからもがんばろう

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村



本人次第

この前の模試では数学の計算ミスがあって、その後の小問は全部間違えたらしい。

結果が良くない方が、危機感を持ってこれから勉強ができるかも^^;


友達は、塾でセンター試験の英・国・数をやったらしい。

高校受験では大手の塾が高校の目の前にあって、次男が「そこに半分ぐらい行ってるかも」と言っていた。

ちょっと焦るなあ・・・

でも、塾へ行っても行かなくても最終的には、「本人がどれだけ反復学習をして実力をつけるかどうかだ」とどこかで読んだので、何とか自力でがんばってほしい。

でも、朝は早め起きて学校に行くまでに時間が少しあっても、のんびりしているし、夜は自分の部屋で勉強していると思うが、スマホを持って行っているからゲームやLINEもしているだろう。

ゲームは寸暇を惜しんでやるんだけどなあ・・・

まだ1年生だから、今からがんばりすぎて途中で疲れても困るし、仕方ないか。



娘は、やっと後期の試験勉強を始めた。といってもみんなが寝ている時間にやるからどれだけやっているのかわからないけど。

苦労して入った大学なのに、家ではダラダラ過ごしている所しか見ていなくて残念。

それこそ課題ノートでも作って日々を充実させてほしいな。

貴重な大学時代なのに・・・

娘にもやる気の出る文章を送ろうかな。

TOEICの勉強法も調べたりして・・・それはやりすぎかな
にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村








つい読んでしまう

大学入試が本格的に始まって、よけいにネットで勉強法や受験に関する文章をよく読んでしまう。

まだ子供が1年だし自分が勉強するわけでもないのに、側から見れば変わっているのかもしれない^^;

でも、ただ興味があって読みたくなるのである。

次男にうるさく言ってないからいいよね。

受験勉強のことを調べるより、料理や片付けの勉強をした方が自分や家族のためになるのに・・・


受験に関する文章は、読んでいて「すごい」と感動?することが多いから読んでしまうのかなあ・・・

書いている方々がよく勉強していて知識がすごいし、文章にその人の情熱みたいなものがあふれていて心を動かされる。

「これをやれば次男ももっと伸びるかもしれない」・・・とも思ってしまう。


次男は聞く耳を持たないし、読む目も持たないから無駄になるかもしれないのに。

どうすればうまく伝えれれるか考えるのも楽しいし、やりたくてやっているから無駄になってもいいかな。

無駄にならないように、勉強法や気持ちの持ち方など、自分にも活かせるといいけど^^;


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村





今日は模試

今日はセンター試験が行われている。

いろいろな受験ブログを読むと、長男 長女のセンター試験の時の気持ちが思い出される。

私は何もしてなくてくわしいことは思い出せないが、緊張だけはしていた。

特に娘の浪人の時(3年前)は私も気持ちが不安定だったと思う。

本人のプレッシャーは相当だっただろう。

受験生は、今までやってきたことがたった2日の試験で評価されると思うと、普段通りにやるということがとても難しいと思う。

緊張して当たり前だから、その状況で自分ができる精一杯のことをするだけだよね。

まだ2年先のことだけど、次男が「できるだけのことはやった」と自信を持って試験を受けられるといいな。


今日は次男も模試をやっているが、まだまだ気楽だ。

この頃寒いせいか、朝なかなか起きれなくて「ちょっと気持ちが緩んでいる?」と思ってしまう。

でも、自分なりに漢字の参考書で少しずつ熟語の意味を覚えているようだし、読んでいるかわからないが、現代文の講義本が枕元に置いてある

まだ先は長くて勉強しなければならないことが気が遠くなるほどあるが、少しずつ積み重ねていってほしい。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村

ちょっと心配になってきた

娘は先週3回目のTOEICのテストを受けた。

院試に必要なので続けて受けてはいるが、あまり勉強しているところを見たことがない。

点数を聞いても、院試の合格に必要らしい点にはまだまだだし、英語の他に何があるかと聞いても知らないし、ほんとに大丈夫か?

3年の前期まではかろうじて単位を落とさず来ているが、もうすぐ後期のテストもあるしな~。

実験が多いからテストは5つだそうだ。


娘が知らないというので(話すのが面倒なだけかも)、つい去年の院試について調べてしまった。

テストの時期は8月下旬

英語のテストの代わりにTOEICの点数

1日目 基礎科目  理科と数学の5科目から4科目を選ぶ

2日目 専門科目

3日目 面接


大学受験で浪人しているし、院試でも浪人になったらどうするの?

長男の時は、離れているのであまり実感がなく忘れているくらいだったけど、今回は気になるだろうなあ。

娘は大学に入ってからは、家では寝ているかスマホを見てばかりいる気がする。

心を入れ替えて高校時代のように勉強をがんばってほしい。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村



課題ノート

今年京大を卒業してプロ野球選手になる田中投手が、自主トレが始まったので「野球ノート」を書き始めたそうだ。

反省や気づいたことを書くらしい。

プロに入るから新しいノートを始めたということで、きっと今までもつけていたと想像する。

そういえばサッカーの本田選手も小学生の時から練習記録をつけているらしいし、確か中村俊輔選手も昔練習ノートの本を出した。

やはり一流選手の多くは記録をつけていそうだ。


私もたいしたことは書いてないが、課題ノートを書き始めてからやる気が出てきた。

前はいつの間にか無駄な時間を過ごしてしまっていたのに、時間を意識するようになった。

英文解釈の本も毎日1課ずつ読めるようになったし、シス単も中断しているが、自分に合ったやり方を模索中である。

腹筋、背筋、腕立て、スクワットも20回ずつだが、ストレッチの後毎日やれるようになった。

まだまだ無駄な時間が多いので、時間を管理してやれることを増やしていきたい。

負担が多くなると続かないから、いかに楽に書いて続けれるか考えてやってみたいと思う。

そして、次男にも記録の良さを伝えてやらせたいが、それは難しそうだ

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村








帰省

少し前のことだが、お正月に帰省した時のことを書こうと思う。

去年は次男は家に残って受験勉強をしていたが、今年は全員そろって実家に行った。

私以外は夕食を食べて家に帰り、私は幼馴染たちと4人で会ってから実家に泊まった。

幼馴染みとは、ここ十数年だいたい毎年会っている。

1人は自分のブランドを持つ宝石のデサイナー、1人は養護学校の先生、1人は東京の私立大の非常勤講師をやっている。

みんな世界が違うが、集まると昔と全然変わらない。去年の大きな出来事をそれぞれ出し合った。

でも最近は自分の健康のこととか、親の介護の話とかが多くなってしまった。

大学の講師である友達は英語の先生なので、ここでも勉強法を聞いてしまった

詳しい話は聞けなかったが、やはり音読がいいらしい。

また、その子が大学を出て就職したのは長男が就職予定の会社で、社内結婚をして旦那さんは今もそこに勤めているから会社の話も少し聞けた。

話が弾んで、実家に帰ったのは12時ぐらいだった。

そして次の日の朝、家に帰ってきた。

少しの時間でも、両親と話せてよかった。


両親はまだ一応元気だが、父は車で遠出ができなくなってしまった。

肩がひどく痛くて長時間運転ができないらしい。

だんだん心配になるなあ・・・これからは、私が時々帰るようにしたい。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村



検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア