大きな志を持った受け皿を

次男は自分でゲーム機を買ったようですが、自分の部屋で携帯はWi-Fiがつながるのに、ゲーム機にはつながらないと嘆いていました。

一応、2階にも届くというルーターを使っているのですが、力が弱いのかな?

本人が自分で調べて、必要なら新しいルーターを自分で買ってもらいましょう。

夏休みはゲームばかりやっていないで、外に出ていろんな体験をしてほしいですけどね。


さて、今日のサンデーモーニングの「風をよむ」は、話題になっている「受け皿」でした。

1993年に自民党が選挙で敗れて、細川首相誕生した時のことを詳しく知る平野元議員がインタビューに答えていました。

受け皿は4つ考えられて、

1、民進党の新しい代表が、野党をまとめる。

2、民進党が分裂して、自民に近い人以外で野党とまとまる。

3、都民ファーストが国政に出る

4、市民レベルの人たちが国政に出る?


私は、前回書きましたが、3以外で反自民でまとまってほしいです。

代表に立候補しそうな人の中で、前原さんは、日本会議のメンバーで自民党に近いと言われているし、枝野さんだけ野党共闘に賛成のようなので、枝野さんがいいのかな。

コメンテーターの意見の中で、

受け皿は受け身で長続きしないから、大きな志を持って、政権をとってから政治を良くしていける所が政権をとってほしいというような意見があってその通りだと思いました。


これから日本は高齢化社会になって問題が山積みになっていて、立て直すための時間がもうあまりないそうです。

限界国家ニッポン この国は巨大な「限界集落」だった…


・・・
「若者が減ることで、介護分野に限らず、工場に勤める人も農地を耕す人もいなくなり、日本はゴーストタウン列島になる。40年ごろには年20万人、週平均約4千人の孤独死が発生するとも言われます。現役世代の社会保障負担の増加も避けられません。今の日本は住みやすい国ですが、近い将来にそうではなくなる。国の未来に希望がなくなれば、海外に移住する若者も増えるでしょう」(毛受氏)

 限界国家への道を突き進んでいるのは、日本の社会保障制度に問題があるとの指摘もある。財政社会学が専門の井手英策慶応大教授は言う。

「日本の社会保障は、高度経済成長を前提につくられています。自分で働いて貯金をし、教育、医療、老後の備えなどをすべて自己責任で負担してきた。21世紀に入って低成長時代になり、家計貯蓄率は今やゼロに近いところまで落ちました。世帯収入も300万円未満が全体の33%、400万円未満は47%。夫婦共働きでも、子どもを2人以上産んで大学まで進学させることが難しい」

 間近に迫る危機は、20年の東京オリンピックだという。

「東京オリンピック後の5年間、実質経済成長率の予測は平均0.5%で、30年にはゼロになります。戦後の高度経済成長が再び訪れる可能性は低いのです。20年秋以降、日本は喪失感に襲われることになる」(井手教授)

・・・


私も何もできなくてえらそうに言えませんが、今の日本では、自分の事、目先の事ばかり考えている人が多く、将来のことや日本全体の事を考えている人は少ないと思います。

政治に関心を持つ人が増えてほしいし、私利私欲を捨てて、今の社会をよくしたいという政治家がたくさん出てきてほしいです。

いつも言っててすみませんが、お友達に税金をながしたり、憲法改正に力を入れたり、金融緩和で将来につけを回したり、弱者を切り捨てるようなことばかりしている場合ではありません。今の政権は早く辞めてもらって、国民のための政治をしてくれる人たちと変わってほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

一番悪いのは誰?

次男は、「あとテストは2つ」と言って今日は高校野球の地区大会を見ながらのんびりしていました。

明日も中学の時の友達と花火大会に行くそうだけど、残りのテストは大丈夫かな?

娘も今日は、お昼はバーベキューをやり、夜は花火大会にいくそうで、朝6時半過ぎに出かけました。

長男もその時間にはもう家に居なかったです。

この暑いのに、二人とも早起きして遊びに出かけるなんて若いなあ・・・

私はカーブスと買い物には出かけたけど、家でのんびりするのが一番いいです^^;



さて、2日の間にもたくさんの出来事がありました。

まず、ようやく稲田防衛相が辞任しました。

特別監察結果も出ましたが「監察結果は日報データ保管を稲田氏に報告した可能性に触れていて、稲田氏は否定している。双方の言い分が違うのなら、国会で徹底的に究明する必要がある」と中日新聞に書いてありました。

辞任して終わりではなく、事実をはっきりさせてほしいです。

また、稲田氏は、「日報問題について首相に相談していた」と言っていますが、安倍総理は「報告は受けていない」と国会で答弁していたので、これも追及してほしいです。

安倍総理が駆け付け警護をしたかったから、日報を隠さないといけなくなったと思われるので、安倍総理が隠蔽を指示してもおかしくないと思ってしまいます。

安倍総理は「任命責任は私にあります」と言っても謝るだけですが、これだけ多くの問題が起こっているので責任をとって辞めてほしいです。


それから、民進党の山尾議員が横浜市長選挙で林文子氏の応援演説をしたことが、とても残念でした。

自公推薦で、カジノ推進をしたり学校給食を行わなかったりする人の応援をするなんて、がっかりした人が多かったと思います。

せっかく自民党の支持率が急落しているのに、蓮舫代表が辞任したり、こういうことがあって民進党もゴタゴタしています。

民進党の代表が自民党に近い人がなってまとまっても意味ないし、分裂しても自民に対抗してくれる人でまとまってほしいです。


また、加計問題では、「加計理事長と菅市長が市議会議員13人に一人当たり1000万円を渡した」と告発した人がいるようです。

そして、今治市で市議会議員による報告会が開かれ、加計問題について市民から追及されても議員は、国や学園任せだったことを話していたそうです。

こういうことも大きく報道されない事が不思議です。

獣医学部の新設が必要かどうかについて、こんな記事がありました。

日本では獣医師が不足しているのか

結論は、日本は獣医師の総数は不足しておらず、待遇や給与などで公務員獣医師を増やす努力をする方が効果的ということです。

8月に文科省から獣医学部新設の認可が下りるかどうか決まるようですが、総理に忖度することなく決めてほしいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村








野党にまとまってほしい

明日は、長男の誕生日で、27歳になります。

子どもまでだんだん年をとっていくなあ・・・

相変わらず土日は遊んでばかりで、遊ぶことしか考えていないようです。

彼女とは、20歳の時からつきあっているから、早く結婚して独立してほしいですが、

家に居てもほとんど話さないし、どう思っているかよくわかりません。

彼女を家に連れて来てもみんな話さないから、連れて来にくいのか、まだ1回しか家に来たことがありません。

私が誘えばいいのですけどね^^;

早く落ち着いてくれるといいです。


さて、今日の中日新聞には、

・文科省は、加計学園には、特区での新設が決まる前に具体的な助言をしていたが、京都産業大学には助言をしていなかった

・証人喚問を行うことについて、首相は「国会のことは国会が決める」と言っているが、

 自民党総裁として、「証人喚問をやることに賛成するよう、自民党に指示を出します。」と言えるはずだ。

という記事がありました。

このままで幕引きされないように、取材を続けて加計問題の記事を載せ続けてほしいです。


それから、昨日のゴゴスマに森議員が出たそうで、書き起こしがFBに載っていました。


司会「野党の支持率が上がらない。政治不信も」

森氏「仰る通りですね、その原因は、極めてシンプルだと思います。それは、野党の側に、本気で、今のこの、安倍政権の問題、加計学園問題に凝縮された安倍政権の問題というのは、国民の生活が本当に苦しくなるばかりなのに、安倍さんのお友達には大盤振る舞いをしている、おかしい、エコヒイキ、独裁政治だ、これが最大の問題なんですが、じゃぁ本当に、国民の側に立った政治をやってくれる政権を、野党は皆で力を合わせて作る気があるのか、ここが、国民の皆さんの、『野党はそんな気ないよね』『言いっぱなしだよね』っていう失望というか、だから、国民の皆さんの声に答える為には、ま、今まで色んな事があったんですが、もう一回、野党が力を合わせて、99%の普通の人々の為の、そういう政権を樹立する、安倍政権を打倒して、そういう、新しい国民の為の政権を樹立するんだ、その為に結集するんだ、それを行動で示す、それしかないと思います!」



小池知事が、新党を作るかもしれないと言われていますが、私は野党がまとまって新しい受け皿を作ってほしいと思います。誰かまとめてくれる人が出てこないかな〜

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

証人喚問が必要

うちの子たちは、計画を立てるのが苦手なようで、

娘は、大学1年の夏休みに車校へ行きそびれて?1年の春休みに免許を取りました。

次男も今のところ、申し込みをしていないそうです。

夏休みは、関東に実家がある子の家に泊まらせてもらいライブに行くほかは、「バイトをがんばる」しか予定はないようです。

早くに免許をとると、私の車を時々運転することになって、保険料が高くなるので遅い方が私にとってはいいですけどね。

でも本人は早く取りたいみたいです。


さて、閉会中審査が終わりました。

今日のことはまだよくわかりませんが、

安倍総理が「加計学園が獣医学部新設の申請をしたのを知ったのは今年の1月20日だ」と言ったことが、一番話題になっていますね。

「認定されるまで知らなかったから、加計学園が有利になるように指示できるはずがない」ということにしたいのでしょうか。

誰でも嘘だとわかるし、今までの答弁と矛盾があるのに、今日もそう言い張ったそうです。

安倍総理の側近たちも「記録がない」「記憶がない」を連発していて、国民が納得できるはずもなく、また改めて証人喚問が必要ですよね。

これだけ嘘をついていても辞めさせることができないのが残念です。


今日の中日新聞の特報には加計孝太郎氏と首相夫人の国会招致が必要だと書かれていました。

一部を抜き出します。

郷原弁護士は、「加計氏の国会招致は不可欠だ。建設費が高額な理由や、安全設計が必要なバイオ施設の建設も計画する中で開学を急いだ理由、学校の財務状況について加計氏に問う必要がある。
表に出て説明することができない者に、大学を開設する資格などない」と説く。



・・・・
「当事者である二人に聞けば、一発でわかることも多いのに国会に呼ばないのは政権側が身内に非常に甘いことを象徴するものだ」
・・・
「周囲は友達ばかりの門閥政治で、首相に近い人は守られるということ。必死に守ろうとする醜い姿を野党があぶり出すことができるか、官僚を味方につけて声を畔させられるかどうか」


この二人が、国民に説明しないのは本当におかしいです。

内閣支持率がもっと下がって、この二人を呼ばざるを得ないようになってほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

「ゆるし」の心

次男は、昨日、今日とずっと部屋にいます。

明日から2週間のテスト期間が終われば2か月近く休みなので、あと少しがんばってほしいです。

この時期になってようやく、野球クラブでユニホームを買うことになり、代金17000円と夏休みの合宿代3万円を払わされました。

上の子たちの時も1年の夏休みまでは親が払っていたと思います。

次男は、3人の中では一番バイトの量が少なく、親に頼ってきそうですが、夏休みにバイトでお金を貯めて、これからは自分で払えるようにしてほしいなあ。


さて、今日のサンモ二の特集で、「日野原さんが戦争を経験したことから、反戦、改憲反対の思いを若い世代に伝えていた」と紹介していました。

日野原さんは、小学生に授業をしたり、「明日をつくる十歳のきみへ」という本も書いていました。

やられたらやり返すというのでは永久にけんかは終わりません。

それが戦争というものの正体です。・・・・

くやしくても自分のところで争いを終わらせる。それが「ゆるし」です。

戦争のない世の中をつくるためには、みんなが「ゆるし」の心を持つ必要があります。

「明日をつくる十歳のきみへ」より


「武力より対話で」と言うと、理想論だとか、考えが甘いとか言う人も多いですが、みんなが「ゆるし」の心を持てば、戦争にはならないですよね。

今で言えば、北朝鮮に対話を呼びかけている韓国の大統領を支持したいです。

北朝鮮から返事はなく、時間はかかりそうですけどね。


また、FBで見つけた文章を紹介します。

seiji2.jpg

明日からの閉会中審査で、「思い上がった権力」追い詰めてほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村



日野原氏が遺した言葉

暑い日が続いています。

今の仕事を始めて7年が過ぎました。この仕事で暑さには慣れて、暑くても我慢できるようになりました^^;

でもここ数か月で耳がよけいに悪くなり、1対1でも話が聞き取れないことが多くて、そろそろ辞め時かなと思います。

新しい仕事はもうできないので、これが最後と思うと今まではなかなかやめる決心がつきませんでした。

ずっと家に居るとダラダラと過ごしてしまいそうで心配だし、今も会話があまりできなくて孤独ですが、人と接することが少なくなるのは寂しいし・・・

交流館などに出かけて、好きな事やがんばりたい事を見つけられればいいのですけどね。

もう少し考えてみようかな・・・



さて、稲田防衛相と山本創生相の問題はまだ続いていますね。

山本防衛相の発言の中で、

「加計とは言っていない。その点十分注意していたから」というものがありました。

「加計ありきだったから、そう思われないように十分注意していた」ということで、「加計ありき」と認めている発言だとネットで話題になっているようです。

また、「京都だって追加であり得る」と発言したことも「加計に決まっているが、追加もありうる」ととらえることができます。

いろいろな文書が出て来ても、官房長官や大臣たちは、まだ「文書が間違っている」と言い続けて「加計ありき」を認めません。

何を出せば認めるのでしょうか。

24,25の閉会中審査では、言い逃れができないような質問や証拠を野党に出してほしいと思います。

ほんとに安倍内閣は内閣改造前に終わりにしてほしいです。


今日は、日野原さんについての記事とその一部を紹介します。

日野原重明氏が遺した安倍政権の改憲に反対する言葉


・・・・
日野原氏は、憲法前文にある「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う」という文言を挙げ、こう訴えたという。

〈我が国は平和を目指す国際社会の中で、日本国憲法前文がうたう「名誉ある地位」を占めてきたとは到底、言えない。私たちはそれを強く反省しなければならないし、また何をもってそれを償うかを考えなければならない〉

しかし、こうした訴えにもかかわらず、その後、憲法軽視はどんどんエスカレートし、第二次安倍政権でとうとう改憲が政治日程にのぼることになった。こうした動きに抗するように日野原氏は、記事の中でこう訴えている。

〈名誉ある地位は形式的なことで手に入るものではなく、具体的な労力、行動、犠牲を伴います。人を愛するとき、相手のすべてを「ゆるす」という犠牲が伴うのと同じです。それにより争いは避けられ、全体の安全が保たれることがあるのです。そのリーダーシップをとれる人がもっと日本に出てこなければなりません。武力で武力を制することはできません。別の手段を考えるべきなのです〉

〈憲法の目的は、国民のいのちを安全に保つことであって、憲法に定められた主役は「日本国民」です。押しつけどころか、私たちのいのちを武力以外で守る賢い仕組みです〉

 この記事が、日野原氏の待望するリーダー像とは真逆の安倍晋三首相を意識しているのは明白だろう。
・・・・


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

追い詰めながら次の準備を

次男は、月曜日から木曜日までは1時間目から授業があるのですが、時々起きれないのか、1時間目が休講の時があるのか遅く出かけることがあります。

寝坊して遅刻するなんて高校まではなかったことですが、大学生になったら緊張感がないようです。

親の方もそうで、起きてこなくても部屋まで行って起こさなくなりましたけどね^^;

前期テスト大丈夫かなあ・・・


さて、また稲田防衛相が自衛隊の日報隠滅を了承していた疑いが出たり、山本創生相が加計認定の2か月前に「四国で新設」と話していた疑いが出てきました。

またかという感じで驚かなくなったし、いくら否定しても信用できません。

8月3日の内閣改造まで何とか持ちこたえようとしているのでしょうけど、辞任しなければ国民の不満は余計に大きくなると思います。

安倍総理は、副総理らとの会食で「小泉政権は真紀子氏更迭で支持が急落した」と話していたそうですから、支持率が落ちるのを恐れて辞めさせないのでしょうか。

辞めても辞めなくても支持率は下がり続ける気がします。



24日、25にちの閉会中審査では、加計問題に防衛相の問題もあって話し合うことが多すぎますが、効率的に政府を追い詰めてほしいです。

総理が国民が納得するような説明ができると思えないし、前川氏と和泉氏しか参考人に呼ばないのもおかしいですが、話し合いが十分でないならまた次があるかな。

安倍政権は持たない気がするけど、次は誰がなるのかな。

安倍政権が変わっても、自民党政権ならあまり変わらなさそうです。

総選挙はまだ先なのかもしれませんが、野党共闘ができるように準備を進めていってほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村









税金は誰のために使うもの?

今日、「健康になるためのブログ」さんで、この記事が紹介されていました。

「自分は創造的」と感じる日本の若者、わずか8% グローバル平均を大きく下回る

うちの子供たちも「創造的だ」と思っていないだろうし、周りの子たちの多くも、中学、高校時代は、部活と勉強に多くの時間がとられて「創造的」なことを考える余裕がないような気がします。

親の世代も他国よりは低かったと思うし、このままではこの世代が親になったら、もっと低くなるかもしれません。

小さい時の家庭教育の影響が大きい気がしますが、創造的な人を増やすような学校教育を誰か考えてくれないかな^^;

長男は開発部にいさせてもらっているけど、ちゃんとやれているかなあ・・

記事に戻ると、

日本は、「将来に対して不安な気持ち」が53%で一番多いというのも残念です。

将来に希望が持てるような政治をしてほしいです。



さて、安倍内閣は親しい人たちに土地や税金を横流ししている疑惑がありますが、一方では社会保障費を削減しようとしています。

社会保障費1300億円超削減へ 来年度予算編成

それなのに海外への支援には積極的です。

貧困撲滅へ10億ドル支援

本当に優先順位を間違えていませんか。

どうしてこういうニュースが、テレビや新聞で大きく流されないのでしょうか。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村










憲法改正案に隠されたこと

娘に、袴のレンタルのダイレクトメールが届くようになりました。

どうするのか聞いてみると、まだ友達とあまり話をしていないみたいですが、袴にしないでスーツにするつもりのようです。

袴のレンタル、着付け、髪のセットは、大きな出費だし、送り迎えも必要なので、スーツでよかったです。

袴は大学卒業の時に履いて写真も撮ったのでもう十分です。


さて、昨日の中日新聞に「9条、変える?」という題で、変えるのに賛成の人、反対の人、どちらでもない人の3人の意見が載っていました。

賛成の人の意見

・湾岸戦争で憲法の制約上、具体的なことができず、お金を出すことしかできなかった。多額の支出をしたのにクウェートから感謝もされなかった。

・自衛隊はなくせないし、自衛隊を合憲とするのは、外国では通用しないから、2項を変えて自衛隊を認めるしかない。

・日本は国際貢献しなければ生きていけない。


外国の人に通用しなくても、これまで70年以上戦争に巻き込まれず平和に過ごせたので、このままでいいと思います。

今までPKOで、軍事面でもなく、お金だけでもない協力をしていたと思います。

国際協力のために自衛隊の方が戦わなくてはならなくなるのはおかしいです。

反対の人の意見

・現憲法の9条の主語は一貫して「日本国民」で、日本国民が政府に対し、「戦争をさせない」と言っている。
ところが、自民党の改正案の9条の2では、主語が「国防軍」になり、国民の意思が無視されている。

・9条の3では、「国は、主権と独立を守るため、国民と協力して領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない」と、国が主語になる。
「国民」は、「国」によって兵隊として使われる。主語の変更の中に「国」が「国民」を支配するという思想が表れている。

・今回、自民党憲法改正推進本部がたたき台として出した条文案は、9条の2として、「前条の規定は、(・・・・)自衛隊を設けることを妨げるものとして解釈してはならない」である。
条文を様々に解釈することを「日本国民」に禁止している。誰が禁止するのかは「内閣総理大臣」。首相が国民の解釈を禁止し、権力者として「国」を指揮、監督するということ。首相の「独裁」を保障しようとしている。


抜粋したのでわかりくくなってしまったらすみません。

主語を見ると、改正案や、条文案にこんなことまで隠されていて、読み解けるとはびっくりしました。

安倍総理や自民党が考える改正案が恐ろしいものだとわかります。

憲法は国民のためのもので、権力を縛るもののはずなのに・・・


昨日の他の記事にも、「財政や社会保障を早く立て直し、将来の不安を払拭しなければいけないが、改憲や戦争の準備のような法整備に明け暮れている。政策の優先順位が間違っている」という自民党の村上氏の発言が載っていました。

本当にその通りだと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村













疑惑は晴れる?

次男の大学は、再来週からテストのようです。

それで、クラブも今日から休みになり、バイトも入れなかったようで家にいます。

でも友達からお呼びがかかれば遊びに行きたそうですけどね^^;

夏休みはいつからか聞いてもわからないみたいで、大丈夫かな?

たぶん8月の第2週ぐらいから休みだと思います。

初めての前期テスト、がんばってほしいです。


さて、昨日の報ステでは、京都産業大学が獣医学部の新設を断念したのは、開学時期の条件が2018年4月となり、準備ができなかったからと報じていました。

反対に加計学園は、まだ決まっていないのに、早くから教員を集めたり、校舎建設のためのボーリング調査を行っていたそうです。

早くから準備していた加計学園のために開学時期の条件をつけたと疑われてもしかたありません。

今日の中日新聞には、今治市は、官邸訪問記録などの文書を非開示にしたことも載っていて、ますます怪しいです。

安倍総理が出席する閉会中審議は、再来週で調整され、和泉補佐官の出席も検討されているそうです。

どうして開学時期を2018年にしたのか、今治市の職員と官邸でどんな話をしたのか聞きたいです。

これだけ文書が破棄され、関係者が「記憶にない」と言っているのに、安倍総理は「加計学園に決まったことについては、一点の曇りもない」と言っていました。

今までの国会答弁では、「印象操作だ」と言って切れたり、質問とは違う話で時間稼ぎをしてきましたが、今回は、国民に納得のいく説明ができるのでしょうか。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村




検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア