高校受験を思い出して

今年も今日を含めてあと2日となった。

毎年、5年日記を見直して1年の出来事をまとめ感想を書いている。

今年の大きな出来事は、次男の高校受験であった。

1月の途中から過去問を始めた。

塾では予想問題しかやらないようなので、例のごとく私が問題集を買ってやらせた。

(上2人も塾で予想問題をやっただけだが、過去問をやらせるなんて考えもしなかったけど

問題集は1年で2種類の問題があって、それが5年分だから、10回分の問題だ。

私がカレンダーに予定を書いてやらせたが、2回通りやる予定がどんどん遅れて1回通りなんとかこなしただけだった。

最初のうちは、私が間違った問題の答案をノートに書いて、何に気がつかなかったのかというポイントを書いた。

それを見本にして、自分でやるようになればいいと思ったが、本人は結局解説を読んだだけでポイントを書くことはしなかった。面倒くさがりだしまだ考えが甘いよね。

10回やる間に例年の第1志望の合格点より少し上をとれるようになったが、結局だめだった

第1志望校に行けなかったことは、高校に入ってからの模試での実力を見ると納得する。

でも大手塾に行っている子の親の話を聞くと、意識の高い仲間と競い合ってるという環境の差も少し感じた。

隣の芝生が青く見えるだけかもしれないが・・・


第1志望校にはもっとレベルが上の大学を目指す意識の高い子たちがたくさんいると思う。

そんな「すごい!」と思うような子たちがまわりにいたら刺激を受けるだろうと、少しうらやましくなる。

なんて、言っていちゃいけないね

今の学校も真面目にがんばっている子が多いので、一緒に意識を高く持ってがんばってほしい。



最後まで読んでくださりありがとうございます

よかったら、下のバナーをクリックしてください

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア