日記の活用

私は5年日記をつけていて、3年目に入った。

昨年・一昨年のその日の出来事が思い起こせて面白い。

でも、今と同じようなことを書いていて、「進歩がないなあ」とがっかりすることもある。

それに良い出来事よりも悪かったことの方が多いようで、「でもがんばろう」で締めくくってある


最近読んだ本の中に、自分も日記に書いてみたいと思ったことがある。

・なるべく良いことを思い出して書くとその日は本当に「良い日」になる。

・本や映画の感動したフレーズを書く

・「明日はこんな自分でいる」ことを宣言する


あと「幸せを呼ぶ10カ条」が書いてあって、ストレスがたまった時などに音読するといいようだ。

その中のいくつかを書くと


•いつも「いいこと」を口にする

•自分から先に挨拶する

•自分と他者を比べない

•何が起きても「これでよかった」

•「すみません」より「ありがとう」


一度にやろうとすると大変だから、まずは良かったことを見つけたり、自分にできそうなことから始めよう。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア