進路講演会

昨日、高校で講演会がありました。

大学受験のことよりもその先の話が多かったのですが、それもよかったです。

上手くまとめられませんが、大事だと思ったことを書こうと思います。


・人と同じことをやったり、言われたことをやるのではなく、経営者の立場になって「自分だったらこうする」と自分の頭で考えられる人になる。

・受験のためには暗記力や理解力が必要だが、大学生以上になったら表現力、交渉力が大事。
 その力は、家族の日常会話で伸びる。

・私立大に入ったら「グリーン車」に乗る
(人数が多いので、手を挙げて質問して教授に顔を覚えてもらい、資格をとったり就職に有利なグループに入る)

・世界のエリート大学は全寮制だったり、ディベートなどを取り入れた授業を行っていて日本よりも厳しく実力がつく。
 大学では、留学をして広い世界を知った方がいい。

・高校までは基礎学力をつける。
  ①好きなことからやる
  ②1分から15分(短い時間からまずやる)
  ③好きになるように工夫する(得意な人にやり方を聞く)

親が聞くよりも子供たちに聞かせたい話でした。

次男だけでなく、長男や娘にも聞かせたかった。

珍しく帰ってから次男と娘にはご飯を食べながらこの話を教えてやりました。

これから、ニュースをきっかけに、「あなただったらどう思う?私はこう思う」というような話ができたらいいなと思いました。

講演の後、1年と2年の学年主任の先生が、生徒の様子を話してくれました。

2年生は修学旅行の写真をたくさん見せてくれてどんなことをしたかがわかってよかったです。


次男はテスト週間が始まって、図書館で勉強してから帰ってくるし、テレビをのんびり見ている時間もほとんどなくなって一応がんばっているみたいです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

いいお話が聞けて良かったですね。

内容を書いて頂いたので
私も参考にさせて頂きます(^_^)

子供たちの高校でも、
外部から色々な人を招いて講演会が行わてましたが
2人の子供で、通算5年間通ってたのに
仕事の関係で1度しか参加できませんでした。

その話を すぐ実行できるかは別として
いいお話を聞くことは勉強になり
困ったり悩んだりした時の参考になると思うので
子供達にも 大学で講演が有って
スケジュールが合うなら
参加してみるのもいいよ~なんて言ってます。

Re: No title

ビオラさん、こんにちは

内容もよかったし、ユーモアがあってあっという間に時間が過ぎました。

ほんとに子供たちにも講演会があったら参加してほしいと思いますが、
うちの子たちは向上心があまりないし、面倒くさがりなので、
友達に誘われれば行くけど、自分からは行きそうにないなあ><

私は週3日しか働いてないので講演会にはだいたい参加していましたが、
良いお話だと思っても、なかなか実行できないしそのうちに忘れてしまうんですよね^^;

昔に比べて、講演会の内容や話術が良くなっているし、
学校もいろんな分野の人を招くようになった気がします。

娘の高校の時はルー大柴さんが来てくれて、お話も面白く内容もよかったですよ~

お話を聞くのは好きなので、なるべく聞きに行って生かせるといいなと思います^^





検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア