子供は親の鏡?

昨日期末テストが終わったら、次男はみんなと遊んで9時過ぎに帰ってきました。

しばらくのんびりしてしまうのかな?

学習法が書いてある記事を見ると、やることはいっぱいありそうなのに・・・

親の方も、11月に進路講演会がありましたが、先生から大学受験に関する話も資料もありませんでした。

初めて大学受験をする親はまだあまりわからないのではないかと思います。

上の子たちの高校は2年生のうちから話があったりたくさんの手作り資料をもらった気がしますが、大丈夫かな?

3学期にあるといいけど・・・


話は変わって、上の子たちは一応受験勉強はがんばったと思うけど、この頃よく書いているように今は家では何もやっていないようです。

やることが決まっていればやるけど、自分でやりたいことや目標を見つけてがんばることはできていないみたいです。

若いうちにがんばらないといけないのに・・・

でも先日あるメルマガを見たら、「母が何かやりがいを持ってイキイキと過ごしていると、子どもたちも同じようにイキイキできる何かを見つけるようになる」と書いてありました。

その人によると、「子供に自分が反映されるから、子供を見ると鏡みたいに自分が確認できる」そうです。

(そうでない親子もいるだろうし、子供が大きくなるほど親の影響を受けにくくなるかもしれないけど・・・)

「親は子の鏡」だと思っていたけど、似ているから逆から見ても鏡なんだね^ ^



その人の言うことはわかってはいるのですが、実際に行動に移すことは難しいです。

やりたいことを見つけても、なかなか前に進めません。

でもやれないと言っていないで、計画を立てて行動しなくちゃね

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村
















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア