娘の受験 その1

前にも少し書いたかもしれませんが、また違うことを思い出すかもしれないので娘の受験について書きます。

娘が高2までは定期テストはよかったし、模試では下がるけど偏差値は志望校が狙えるところだったので、「このままがんばれば行けるかもしれない」と期待していました。

N大学には娘の高校から毎年40人ぐらい合格していて、半分以上いる理系のなかで定期テストは15番ぐらいだったのですが、やっぱり定期テストは関係ないですね^^;

高3でがんばっても模試の偏差値はなかなか上がらず、難しいだろうと思うようになりました。

塾は駅にも学校にも近い大手の塾が2つありましたが行きませんでした。

学校でしっかり面倒を見てもらえたし、本人が塾に行っている友達の様子を見ていて、それ程魅力を感じなかったのだと思います。

田舎だとあまり良い先生はいないのかも。

私は行ってくれた方が安心かなとも思いましたが、お金がかからなくていいので特にすすめることもなく過ぎました^^;

センタープレで8割ぐらいとれたからちょっと期待しましたが、本番はほど遠かったです><

本人は「本番に弱い」と言っていて、そう思っているからいけないと言ったこともありましたが、本当にそうなりました^^;

実力もなかったですけど。

それでも浪人覚悟で第1志望校を受け、後期では受かりそうもない第2志望校を後期で受けました。

私立を受けなかったので1つも合格はなく浪人することになりました。

娘の性格だと、センターが悪かったら行けそうな大学にするかなと思っていましたが、しませんでしたね。

周りの子たちもセンターまではN大学志望の子が多いけど、2次では希望を下げる子が多いし、娘の友達で浪人する子は少なかったのですけど・・

高2でまあまあの位置にいても、同じぐらいの偏差値の子がたくさんいるし、上のレベルの大学志望だった子たちが本番では希望を落としてくる子も多いから、よほど余裕の成績でないと難しいということがよくわかりました。

次男も今の段階では偏差値は娘よりも少しいいけど、ほんとにまだまだです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア