娘の受験 その2

浪人の時は志望校の近くの予備校へ通ったので、電車を使って1時間20分ぐらいかかりました。

友達もできたし、高校の時と同じような感じで勉強していました。

予備校から帰る途中、最寄りの駅近くの交流館で9時まで勉強し、家ではすぐ寝て、朝4時頃起きて勉強するパターンでした。

どのぐらい集中できていたのかはわかりませんが、遊ぶこともなく真面目に勉強していたと思います。

当然、夏休み前の模試の偏差値は良かったですが、真面目にやっていても後半になるとだんだん下がっていき、センターリサーチで判定をするための模試の偏差値は現役の時より2点あがっただけでした^^;

センターも数ⅡBで失敗してボーダー辺りになってしまいました。

前期は第1希望の農学部は受けれなくなりましたが、工学部にしてN大学を受けました。

後期は現役の時と違い、A判定で小論文だけのところにしました。

自転車でも通える所なので、私はその大学でもよかったですけど^^;

前期の2次試験の手応えもよくなく、発表まではずっと重苦しい気持ちでしたが何とか受かってよかったです。


予備校の事は何も話さないからよくわかりませんが、仲間がいたし規則正しい生活ができたと思います。

同じバレー部の子で、県外の私立大に通いながら仮面浪人してN大に受かった子がいて、すごいと思いました。


私はずっとハラハラドキドキしていただけで、特別なことは何もしてなかったです。

細かいことは忘れちゃうし^^;

次男の時はいろいろ調べて、良いコンディションで試験が受けられるようにしてやりたいです。

高校受験の時のように、直前にインフルエンザにかかることがないようにしなくちゃね

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア