聞こえなくても

私は10年ぐらい前から耳が聞こえにくくなり、6年前から補聴器を使うようになった

年はとったが、それにしても早すぎる。

あちこちの耳鼻科に行ったが、原因もわからず、治療もできないと言われる。


聴力の低下が進み、2台目の補聴器を買ったが、かなり機能が良いものを買っても数人での雑談やテレビの声が聞き取れない。

家では補聴器は疲れるので外すと、家族の話を何回も聞き返してしまう。

元々会話が少ないのに、これでは子どもたちは言い直すのが面倒でもっと話さなくなるよね

曲もどんな曲かわかりにくいし、講演へ行ってもマイクや会場によっては聞き取れない。



聞こえるときは、聞こえることが当たり前だったし、聞こえなくなるなんて想像もしなかった。

聞こえない人の気持ちもわからなかった。

みんなが楽しそうに話しているのに、聞こえないのは悲しいが、
今は補聴器をつければ1対1なら話せることに感謝したい

だんだん聞こえなくなるのが不安だし、楽しみも減ってしまったが、やはり、やれることで楽しみ、がんばるしかない。

聞こえなくても、前向きにがんばるぞ
と、いつも言い聞かせている^^;

あと、子どもたちにも思いやりの気持ちを持ってほしいなあ・・・

にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア