自分を認めて大切にする

少し前に「自分の思考が目の前の現実を作っている」という講演を聞きました。

人間は「現実があって、それに対して思考している」と考えるのが普通だと思いますが、「自分の潜在意識の中で考えていることが出て来て現実を作っている」のだそうです。

例えば誰か苦手な人がいるとすると、それは自分のネガティブな思いが現れただけなので、そのネガティブな思いをそのままにしておくと、その人から遠ざかってもまたちがう苦手な人が現れるということです。

そのネガティブな思いは6才までの親への不満から出てきているから、その思いを認めてあげることが大事。

具体的には、問題が起きた時、どういうことがあってイライラしたりモヤモヤしたりするのかを書きだします。

原因は何かがわかったらそれを相手には言えないので、自分の中で「~するな!」と吐き出します。

そうして「~するな」と自分が誰かに言われたことがないかを思い出し、心当たりがあったら自分のなかでその人に謝ります。

というように自分の感情を認めて大事に扱ってあげると現実が変わってくるのだそうです。

他にも心配事があるときの対処の仕方を教えてもらいました。

話を聞いただけでは質問したいことも出てくるので、講座を受けてアドバイスしてもらった方がいいのかもしれませんが、自分だけでやっても、ネガティブな気持ちを客観的に見ることができるようになった気がします。

ついつい自分を責めてしまっていたことでも、自分を認めてあげれるようになりました。

モヤモヤする時はどうしてそうなったのか書き出して気持ちを整理することが、自分を認めて大切にすることになるそうです。

これから受験が終わるまで心配なことがあるかもしれませんが、教えてもらったことを自分なりにやってみたいと思いました。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア