南スーダンPKO

次男は今までよりも朝少し早く起きて勉強しているのと、時々の部屋に行くと勉強していることが多くなった気がします。

でもN大の過去問を少しやっただけでまだ普通の問題集をやっているようなので、早く過去問を繰り返しやれるといいのですが・・・


父が2週間の検査入院から帰ってきました。

入院中はほとんど動かなかったので機能が衰えてないか心配だったのですが、入院前と同じような生活ができているようです。

この頃は高齢者の事故が多いので、退院してからテレビを見た父は車に乗るのをやめることにしました。

これで心配が減ってよかったのですが、不便になるし、乗れなくなるのは寂しいだろうと思うと私まで寂しい気持ちになります。


南スーダンのPKOに参加する自衛隊に「駆け付け警護」が付与されてしまいました。

国連報告書では「どん底の淵にある」という分析なのに政府は「ジュバは比較的安定している」と言って新任務を閣議決定しました。

11日の中日新聞には、「TPP承認とPKOの新任務付与の実績を掲げ、アメリカに日米関係の強化に力を注いでいることをアピールする」とか、日ロ首脳会談をやるので、オバマ政権へ配慮したのではないかと書いてありました。

アメリカの顔色をうかがったり、外国で自衛隊が武器を使うという既成事実をつくりたいために、駆け付け警護を閣議決定したのではないかと思ってしまいます。

南スーダンの現地状況報告書もほとんど黒塗りで提出されたそうです。安定しているのだったらどうして隠すのでしょうか。

小さなことから始まってだんだん戦争ができる国に向かって行ってしまわないように、気をつけていないといけないと思います。

今の日本を動かしている自民党の人たちがだいぶ前だと思いますが、日本会議で
こんな発言
をしているのを聞いて、これからの日本がどうなるのか心配です。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア