三者懇談会

受験校を確認する懇談会がありました。

だいたい先生の考えは本人や親が考えていることと同じでしたが、センターの予想点数で3種類の先生の提案が書かれていました。

予想範囲が90点の幅があり、一番良い時と真ん中の時の前期はN大でしたが、一番悪かった時はNK大でした。


今はまだ希望優先ですが、問題はセンターが終わってからですよね。

希望通りの大学が受けられることを願います。

私立は県内の1つを受けるつもりでしたが、二次の練習として難しい問題もやっておいた方がいいということでD大も受けることになりそうです。

受ける予定の大学が決まったので、早く願書を取り寄せようと思います。



さて、内戦が激化している南スーダンへ、国連安保理は武器禁輸制裁を課すことを検討していますが、日本は「PKO任務に悪影響が及ぶ」と武器禁輸制裁に賛成を示していないそうです。

米国の国連大使が猛批判

南スーダン政府が武器禁輸に反対しているので、制裁を課すとさらに政情が不安定になることを心配しているらしいです。

でもたくさんの武器が南スーダンに入っていけば大量虐殺の心配もあるのに武器を輸出し続けていいのでしょうか。

「安倍政権は南スーダンの人権状況がどうなるかよりも、自身の支持率にも影響し得る派遣された自衛隊への影響を優先しているのではないか。」と言われています。

自衛隊が心配なら派遣を取りやめて武器禁輸に賛成すればいいのに・・・


また、火曜日の池上彰の番組の中で安倍政権に関する話がありました。

池上彰が選んだ2016年 超決定的写真

・安倍内閣の閣僚のほとんどが神道政治連盟に入っていて、神社本庁の支援を受けている。それが長期政権の基盤になっている。

 宗教団体から支持を受けていることは、そちらの方を見てしまい。国民全員に目が行き届かなくなる心配がある。

・2012年にアメリカから「TPPの参加、集団的自衛権、日本がPKO活動で武力を行使するべき」ということを言われ、日本は4年  の間にそれを忠実にやってきた。

・「Post - truth (世論形成において客観的事実より感情などが重視されること)嘘は事実とかけ離れていても影響力を持つ。ニュースを受け取る側からすれば、嘘を見抜く力が大事。」


最近日露会談がありましたが、、ロシアは経済活動はロシア主権で行うと思っているのに、首相は「ロシア法にも日本の法律にも寄らない新しいものを作っていく」と言っているし、ロシアは領土を返すつもりはないのに、首相は「領土問題解決への一歩を踏み出した」と言っていました。

いろんなテレビ局を回って宣伝したせいか、ロシアへの経済協力を支持する人は60%だそうです。

マスコミやパフォーマンスに騙されずに嘘を見抜く事が大事だと思います。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア