現政権のやっていること

安倍総理は憲法9条を変えようとしています。

「第1項と第2項は残して、第3項に自衛隊を明記する」

という案を出していますが、多くの人が憲法違反だと言っている集団的自衛権も憲法で認めてしまうということだそうです。

戦争ができる国にすることは本当にやめてほしいです。


室井さんの現政権のおかしさを書いている記事をまた載せたいと思います。

「安倍政権の倫理観って?」

この中にある、私たちの年金でクライスター爆弾を製造する米国企業の株を買っていることについて、中日新聞のコラムにも書いてありました。

<♪戦争の親玉どもよ/銃を造る者たちよ/死の飛行機を造る者たちよ/強力な爆弾を造る者たちよ…>と、ギターをかき鳴らしながら、ボブ・ディランさんは歌った。「戦争の親玉」と名指しされたのは、ベトナム戦争などで潤っていた軍需産業のことだ
▼<安心してこの世に/子供たちを産み落とせない恐怖を/未だ生まれず名もつけられていない/子供たちを脅かしている>(『ボブ・ディラン全詩集』中川五郎訳)
▼戦争が終わっても、その恐怖は次世代の子どもたちを脅し続ける。そんな兵器の一つが、一発の親爆弾から数百の子爆弾が拡散するクラスター爆弾だ
▼ベトナム戦争時に米軍がクラスター爆弾を雨と降らせたラオスでは八千万発もが不発弾となり、二十一世紀になってからも子どもらの命を奪い続けた。「未来を殺し続ける兵器」である
▼製造・使用を禁止する条約が七年前に発効し、欧州などでは製造企業への投融資を禁ずる動きも広がった。なのに、日本の公的年金を運用する組織は、この爆弾を製造する企業の株を大量に保有しているという
▼老後の安心のための私たちの大切なお金を「戦争の親玉」に使わせていいのか。<おまえは人に銃を持たせて/…自分は安全な場所に引っ込んで見物しているだけ/その間にも死者の数はうなぎ登りに増えて行く…>というディランさんの歌が、痛烈に響く。


また、イスラエルとは、去年、兵器の共同開発をしようとしたり(しているかどうかの情報は探せませんでした)、今年、日・イスラエル投資協定を結んだりしています。

去年の記事ですが、国民の知らないところで武器大国になろうとしているようです。

安倍政権の武器・技術輸出がなし崩し拡大! イスラエルと軍事研究画策、無人攻撃機でパレスチナの市民殺害も

長いので最後の所だけ抜き出します。


 イスラエルが欲しいのは日本の先端技術だ。パレスチナ空爆で罪のない一般市民の犠牲を多数出しているイスラエルとの軍事協力については自民党内でも異論があるというが、安倍政権はおかまいなしに前のめりだ。もし本当に、イスラエルと共同で無人機の研究開発を進めることになれば、この地区で日本の技術が市民の殺戮に使われることになるのである。

 日本人にその覚悟はあるのだろうか。先人たちが築き上げた「戦争には加担しない」という矜持を一政権がアッサリ捨て去っていいものなのか。望月氏は、最後にこの本をこう締めくくる。

〈2005年以降から膨張する世界の軍事費や武器輸出の状況を見れば、軍備の拡大が、世界の平和や安定とは懸け離れ、世界各地で勃発する紛争の火種になっていることは一目瞭然だ。それでも日本は欧米列強に続けと、武器輸出へ踏み込んだ。
 戦後70年、日本は憲法九条を国是とし、武力放棄、交戦権の否認を掲げた。それら捨て、これからを担う子どもにとって戦争や武器を身近でありふれたものにしようとしている。この状況を黙って見過ごすわけにはいかない〉



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちわ。安倍政権ですが、憲法改正の話もそうですが、次から次へと疑問が出て報道を聞きやっと理解したかと思えばまた新たな疑惑が・・・という感じです。信頼に到底値しませんし、かといってじゃあ私が・・となかなか行動ができません。身近なこととして家族でよく話をします(特に子供)。そんな昨今、今日の朝日新聞に「森友文書廃棄で財務省7人告発」の記事が載りました。告発したのは「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」だそうです。こうやっておかしいと思うことに声をあげ、手を携え行動する国民がいることに共感します。私自身公務員だったので、行政事務の手続き等には敏感ですが、朝日新聞の調査によると、安倍昭恵さんに帯同した公務員が出張命令なしだったことに問題提起もなければ処分もしないという事実に憤りを覚えました。普通の職員であれば即刻処分が下されます(当然です)。本来出張というものは上司に対して旅行(出張)伺い→上司が旅行命令をだす→旅行(出張)→復命(旅行(出張)報告)という流れの上、成り立ちます。万が一その出張中に事故等で亡くなった場合も旅行命令が出されていたことならば、公務災害と認定されるからです。それが出されていない出張(旅行)とはありえないのです。いろいろ書いてしまいました・・。改憲の動き、気になります。また記事にしてくださいね。私も外に向かってなにかアクションできる人になりたいです。

Re: No title


アマリリスさん、ありがとうございます。
子どもさんと話ができてうらやましいです。
うちの子たちは、政治に関心がなく聞いてくれないので、私がニュースを見ながらブツブツ言っているだけです^^;
私の耳が悪くて普通の会話も少ないので、できることは時々読んでほしい情報をメールで送ることぐらいかなあ。
まずは家族からですね。

各地で市民の会の皆さんはがんばってくれていますね。
抗議集会に出るのも勇気がいりますが、今は近くであったら出たいと思います。

私も昔、小学校の教員をやっていたことがあるので、詳しいことは忘れていますが、出張の前と後に書類を出していたことは思い出しました。
昭恵さんのやっていたこともほんとにひどくて、それが許されていることに腹が立ちますね。
周りで怒りの声がなかなか聞こえないのが残念です。

私も普段1対1でしか話せないし、政治の話はしにくくて言えていません。
気軽に伝える方法はないでしょうかね~^^;

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。
やはり日本人は平和に慣れてしまって、戦争の悲惨さを忘れているのでしょうね。
でも、武器輸出はほとんど報道されてないので、知らない人も多いのではないかと思います。
武器輸出を閣議決定で決めて、それで儲けようという政府が許せません。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア