まともでない新聞と大臣

次男は、昨日、今日と家にいます。

今日は本当は野球クラブに行くつもりだったのですが、火曜日にテストがあるから勉強しないといけないからやめたそうです。

危機感を持って勉強しようというのはいいのですが、クラブに行けるように時間を有効に使ってほしいと思います。

娘の1年生の時は、モスバーガーと塾と家庭教師のバイトをし、バトミントンサークルもやっていたのになあ。

土日とも部屋に閉じこもっているのでは大学受験のときと変わりません。

机に向かう勉強よりも、もっといろいろ体験してほしいです。

なんて、単位が取れなかったら困りますけどね^^;


さて、続けて前川氏の話題になってしまいますが、

前川氏は、小泉内閣の時も、義務教育の国庫負担金を減らすことに反対して減額を少なくさせたとか、いろいろな良いエピソードが出てきていますね。

小泉内閣の時に書いていた「奇兵隊、前へ!」というブログもあちこちで紹介されているようです。

そのブログの中で、部下の人?が書いた前川氏の紹介が書いてありました。

前川喜平の「奇兵隊、前へ!」(番外編)筆者、前川喜平について


これまでのシリーズをご覧になればわかるように、前川課長の言説は非常に挑発的で過激である。従来であれば、公務に携わる文部科学省の一職員、しかも義務教育行政をまとめる初等中等教育局の筆頭課長が、インターネット上で総務省やマスコミへの批判を繰り返し主張することなど、ありえないことだ。「言い過ぎではないか」「やり過ぎではないか」・・・多くの方がこう思ったのではないだろうか。ぶち明けてしまえば、文科省内でも、「弁えていない」と前川課長のやり方に異論を唱える者もいる。
 しかし、過激で挑発的であることは、前川課長は百も承知である。たとえば、(その15)の末尾では「クビと引き換えに義務教育が守れるなら本望である」と語る。この言葉に象徴されるように、前川課長は、自身の発言内容の重さ、影響の大きさについて認識している。にもかかわらず、身分云々を超えても言わずにはいられない、大きな思いを抱え、このブログで吐露する。すべてを覚悟で、言責を負って主張しているのだ

・・・

実際の前川課長の性格は、温厚でフランクだ。何よりも個人の尊重と自由を重んじている。前川課長の周りにはいつも多くの人が集まり、地方の教育関係者からの信望も厚い。その性分ゆえか、初等中等教育企画課の職員はのびのびと仕事をしている。

・・・

そして前川課長は、刺激的であるものの、わかりやすい言葉で、難解な義務教育と三位一体改革の問題をわかりやすく説明する。それも決して教育論の観点からだけではない。国・地方の税財政制度や地方自治制度をも含めた体系的な提言をしている。いったい今、この日本で、どれほどの人が、傍観者・第三者としてではなく当事者として、ここまでに教育と地方や現場の自主性をより深く考え、政策提言しているだろうか。
 「義務教育費国庫負担制度を守ることができるのなら、この職など惜しくない」生半可な気持ちで口走ることは決してできない言葉だ。これまで、この前川課長のこの言葉を何度聞いたことだろう。子どもたちを思い、教育への情熱を燃やす者であれば、その重たさに心打たれるのではないだろうか。
 奇兵隊は、ある一人の価値観や、省益といったちっぽけなものに拠っているのではない。また、奇兵隊には他にも隊員がいる。決して前川課長一人が暴走(?)しているわけではない。他の機会でこれらの隊員について紹介したい。
  奇兵隊は、義務教育を守るために、教育の現場を守るためにこれからも戦い続ける。




2005年の頃から正義感を持って行動していて、部下からの信頼も厚かったのですね。

前川氏の誠実な人柄がいろいろな所で紹介されていますが、

まだ、読売新聞は3日に、
「前川氏の出会い系バー通いを報じたことについて不公正な報道であるかのような批判が出ている。しかし、こうした批判は全く当たらない」
「教育行政のトップという公人中の公人の行為として見過ごすことが出来ないのは当然」と書き、記事を載せたのは正しかったとしています。

人を貶めるようなことを記事にして、謝罪するどころか反省もしていません。読者が減っていくことを願います。


話は変わって、金田法務大臣がまた、おかしな発言をしたそうです。

法務大臣は治安維持法犠牲者の救済と名誉回復を求められると、「(同法は)適法に制定され、勾留・拘禁、刑の執行も適法だった」とし、「損害を賠償すべき理由はなく、謝罪・実態調査も不要だ」と言ったそうです。

「治安維持法が適法」と言っている人が法務大臣をやっているなんて、ほんとうにおかしいです。


明日の国会で、加計学園問題について、安倍総理の答弁があるようです。

これだけの証拠、証言が出てきてもまだ、「加計学園は適切な手続きに沿って選ばれた」「文書は調べない」「証人喚問はしない」などというつもりでしょうか。

もういい加減に嘘をつくのはやめて辞任した方がいいと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。
読売は昔からひどかったのですね。
巨人もテレビにたくさん出たり、お金でたくさん補強できて
不公平ですよね。
野球も利用されているし、ファンも乗せられているのかな。
読者は、早く読売のおかしいことに気づいて、
不買運動が広がってほしいです。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア