ひどい答弁

次男の大学は、今日から日曜日まで、大学祭があるそうです。

娘は3年生まで、バドミントンサークルでお店を出していましたが、次男はクラブでも学科でも何もやらないみたいです。

甥っ子が、大学祭実行委員になってよかったと言っていたので次男に勧めたら、実行委員になりました。

それなのに「土日は、学祭に行けたら行く」と言っていました。

ただ参加するだけでなく、企画運営のお手伝いをすればもっと楽しいと思うのに・・・


さて、昨日は、文科省職員が「総理の意向」文書が実在していたと幹部に報告していたのに、文科大臣はその後も文書は見つからなかったと言い続けていたというNHKの報道がありました。

文科大臣がずっと嘘を言っていたことになりますが、今日は追及されたのでしょうか。

農水省からも獣医師会からも政府の言っていることが誤りだと出ているようで、だんだんこれからも政府は追い詰められていくでしょう。


以前に安倍総理の答弁の書き起こしを載せましたが、5日の答弁も相当ひどくて、「経済ニュースゼミ」というブログに書き起こしが載っていたので、紹介させてもらいます。

安倍総理のグダグダ答弁を冷静に分析した結果

書き起こしを読んでも意味が分かりませんが、わかりやすく訳されていてようやくわかりました。

このブログは、問題を理論的に解説してくれ、とても分かりやすいし面白いです。

書き起こし部分だけ載せさせていただきます。

<宮崎岳志議員>
 責任取るという発言を3月13日、参議院予算委員会でされていますけれども、総理、責任ってどういう意味ですか? もし、働きかけが証明されたら、どんな責任取るんですか?

<安倍総理>
 今、また認識の間違いをされますから説明しますが、構造改革特区と国家戦略特区、この違いをよく理解されていないんだと思います。

<宮崎岳志議員>
 それはあなたですよ。

<安倍総理>
 まずどちらにせよ、サブスタンスを議論してるんですから、まず皆さんの時は、構造改革特区というのは、上がってきたら、めくら判ですか? 違いますよね? 上がってきたら、め、めくばらんですか? これ、上がって、上がってきた、上がってきたものをですね、上がってきたものを精査するわけですよね、で、上がって、上がってきたものについては、先ほど申し上げましたように、自民党政権においては熟度等も含め、あるいはですね、獣医師会等との関係においても、対応不可、対応不可であったわけであります。
 国家戦略特区、国家戦略特区においてはですね、まさに、今治市ということで、それも上がって来るんですよ。で、大きな中で、国家戦略的にですね、国家戦略的に穴をあけていくということで、決めて行きます。ですから、その中で、我々も医学部を決めました。医学部を決める、新たに新設をしました。でも医学部を決めるに際して、私が成田市とか、言ってるわけではないんですよ。たとえば、私が、養父市とか、言ってるわけではないんですよ。
 もし、そう思っておられるんだったら、全くこれ、考え方、変えられて、というか、ですね、全く理解が、全く理解が、間違ってると言わざるを得ないんですよ。
 で、最終的にはですね、最終的には、何でもどんな仕組みであれ、最終的に決めるのは内閣総理大臣ですよ。そして、どんな、色んな会議、例えば経済再生諮問会議だって私が議長です。様々な議長があります。でも私がそこでですね、勝手に色々なことを決められるんだったらそもそも諮問会議の意味がないじゃないですか。
(与党:そうだ!)
 私は根本的に宮崎さんは間違っている、こう思いますよ。で、いずれにせよですね、いずれにせよ…(差し出されたメモを見る)今の、あの、めくばら、えーめくら判についてはですね、ちょ、ついては、言葉として、問題がありましたので訂正をさせて頂きますが、しかしですね、いわば、これはですね、あの、基本的にはですね、上がってきて、上がってきてですね、先ほど申し上げましたように国家戦略特区諮問会議でですね、民間議員がですね、民間議員が、民間議員が、真摯に議論をするんですよ。ですから、皆さんのこういう議論に対して、民間議員の皆さんは、怒ってますよ。その意味に於いてですね、どんな決定においてもですね、どんな決定においても、その決定に問題があるんであれば、責任をとるというのは、当然のことであろうと。

<玄葉委員長>
 総理、質問に答えてください。責任とは何か。

<安倍総理>
 いや、責任をと、責任があるから、責任を、私の、私の責任をとると、え、え、これ、中身についてはですね、中身については、あの、敢えて申し上げる必要はないと思います。



答えたくない事には、問題をすり替えて長々と説明し、再度質問をされてようやく答えるといういつものパターンです。

この場面をワイドショーでどんどん流したら、知らなかった国民も気づいて、支持する人もいなくなると思うのになあ・・・

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ。安倍総理のグダグダ答弁、聞いていてもわからないことの意味がわかりました。読んでいてもわからないものがわかるはずないですよね。答弁になってませんね。今朝、文科省の再調査とニュースでながれました。遅すぎですが、せめて
きちんとした調査がなされて、正しい報告がされますように。

Re: タイトルなし

アマリリスさん、ありがとうございます。
総理大臣がこんな答弁をしていることが情けないですね。
今、国会質疑を音読する「コッカイオンドク」が新聞に取り上げられているそうです。
こういう活動が広がって、多くの人が総理や大臣の酷さに気づいてくれるといいな。
文書の「追加調査」がやっと決まりましたが、時間稼ぎをさせないように追及を続けてほしいですね。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア