わかりやすい政治の話

子どものことは書くことがないので自分の事を書くと^^;

5月から手話サークルに入りました。

先生の説明は聞き取れないのですが、隣で要約筆記をしてくれる人がいて助かります。

仲間は年配の人が多く、みんな優しく接してくれるし、難聴者の方から情報ももらえます。

4年ぐらい前に半年間手話講座で習ったことはありますが、もうだいぶ忘れてしまいました。

説明が聞こえるうちに習っておけばよかったと後悔します。

NHKの手話講座を録画してあるし、手話の本を買ったのですが、なかなか家では勉強できません。

でもなるべく早く、手話で会話ができるようにがんばりたいと思います。


さて、火曜日にも書きましたが、萩生田官房副長官が加計学園の早期開学のために圧力をかけたと思われる文書が見つかりました。

萩生田氏は否定していますが、会見も開かず、自民党も国会での集中審議を拒否しています。

憲法で国会議員の4分の1が求めれば国会が開けると認められているそうで、野党4党は要求書を出すことを決めたそうです。

それでも政権は応じないのでしょうか。

自民党は、安倍総理に言われて9条の憲法改正案を急いで作ろうとしているし、早く総理をやめさせないと、日本がどんどん壊されていくようで心配です。


また「お役立ち情報の杜」さんの記事の紹介になってしまいますが、今の政治の問題点がよくわかると思うので載せさせていただきます。

山本太郎議員が田村淳さんのラジオ番組で語ったことで、多くの人に読んでほしいです。

すべての政治家が、これくらい分かりやすく政治を語ってくれたらと思う。山本太郎が田村淳の番組に出演。


要点を箇条書きにしてみます。


・資本家や大企業が政治献金などで、自分達の代理人を国会に送り込んでいるので、資本家や大企業の意見が通ってルールを変えてしまう。

・1990年代には法人税は50%だったのに今は29%まで下がっている。
経団連は2025年までに消費税を19%にしろと要求し、法人税をもっと下げようとしている。

・安倍政権になってから企業は儲かって内部留保が34%増えているのに労働者に分配しないし、労働環境を悪化させている。

・政治家は自分達の支援者のみ、自分達のお友達のみにそれを回して行く、それ以外の所は、コストと見なして切っている。

・経団連は人口減少で経済が尻すぼみになるので、憲法を改正して、武器で儲けようとしている。

・日本の産業が軍事に置き換わると、アメリカのように戦争をしないと経済が回せない国になる。

・アメリカは軍事予算を削り兵員を削った分、日本の自衛隊を使おうとしている。

・大学の学費が高いので奨学金を借りる人が増え、その返済の利子で金融機関が潤っている。

最後の部分はそのまま抜き出します。

「この世の中の問題で1番解決しなければならない問題、色々あると思いますが、1番この国の根幹というか、人々の暮らしがやっぱり安定しなきゃなんない。
でも今、その格差が広がり過ぎてる。この国に生きる人々のね、貯蓄ゼロ、貯金ありませんっていう人達がかなり増えてるんですよ。
民主党時代よりも悪くなってるんですよね。20歳代だったら59・3%が貯蓄ゼロ。30歳代47・3%。40歳代50・1%。でね、16・1%の人達が貧困でしょう。
6人に1人の子どもが貧困。国民生活基礎調査で、生活苦しい人6割ですよ。これで景気良くなるはずないんですよ。
でも景気は良くなってるんです。ひと握りの企業だけ。このバランス、もう降ろすつもりもない。
逆に行政のサービスはどんどんカットされていく。これ、税金の取り方、まず変えなきゃいけないって事ですね。
みんなに光が当たる政治を絶対にやっていかないと。じゃないと、国が回らなくなって、形だけしか残んない。


今はだいぶ落ちましたが、少し前まで、20代の人の内閣支持率が68%だったそうです。

こんな内閣を支持している場合ではないのに・・・

どうしたら、多くの人に読んでもらって、真剣に考えてもらえるのかな。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア