99%の民衆のための政治

次男は一昨日、高校の同窓会に行きました。

それも学年のだそうです。

半年も経っていないのに、やるのですね。

でも、生活がだいぶ変わって、みんなどうしているか聞きたいでしょうね。

同窓会は昼食の会で、その後遊んで8時頃帰ってきましたが、夕食は家で食べました。

そういうところが長男と違います。長男だったら夜遅くまで帰ってこないでしょう。


前期テストが終わって9月の終わりまで休みなんて、大学生はいいなあ。

昨日は夜遅くまで、この前買った任天堂スイッチをやって、今朝は遅くまで寝ていました。

いつも「時間を大切に」と言ってしまうけど、聞く耳持たずです。ダラダラ過ごしてしまわないか心配です。


さて、一昨日のサンモニの「風を読む」は「日本人の”核”意識」でした。

去年の4月、安倍内閣は、「憲法9条は核兵器の保有・使用を禁じていない」などと閣議決定をしており、それに続いて「化学兵器・生物兵器も違憲ではない」としたそうで、あり得ないことです。

そして、今年、核兵器禁止条約に反対したこともコメンテーターの皆さんが批判していました。

アメリカに圧力をかけられたという話がありますが、かけられても賛成した国もあり、唯一の被爆国の日本がアメリカに遠慮しなくてもいいのにと思います。

ここでも、日本人は平和が当たり前になって関心がなかったから、条約に反対するような政府が生まれ、こういう現実になっているのではないかという話がありました。

7月には、森友、加計問題や、大臣の失言などで、支持率がだいぶ落ちましたが、その前はこの閣議決定があっても、核兵器禁止条約に賛成しなくても支持率は高いままだったので、この問題に対して意識が薄いということでしょう。



話は変わって、また室井佑月さんの週刊朝日に載った文章がとてもわかりやすかったです。


答えは簡単


「安倍政治の本質は、1%の巨大資本のための政治で、99%の民衆のための政治をやっていない。」ということがだんだん多くの人もわかってきましたが、その受け皿が今はありません。

昨日は「日本ファーストの会」を立ち上げるという発表がありましたが、この名前に非難が集まっているようです。

トランプさんが「アメリカファースト」と言うのに嫌悪感を感じるのだから、他の国の人たちからもやはりそう思われるでしょう。

日本人にとっても、国民よりも国家を大事にするように感じてしまいます。

都議戦に大勝した都民ファーストも、その後いろいろ問題があるようで、信用できない気がします。

99%の民衆のための政治をしてくれる受け皿ができてほしいです。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア