我が家の早期教育

恥かしいが、中途半端だった早期教育について書いてみる。



長男が生まれた時1年の育休をとった。

その間にやったこと

・絵本のセットを買って読み聞かせをした

・公文式のカードを見せた

・ディズニーの英語教材を買って、ビデオを見せたりカード遊びをした

・6か月から1才まで赤ちゃんスイミングに通った

思い出すのはこんな感じかな



娘が生まれた時も1年の育休をとった。

・2歳の長男を半年間公文の幼児教室へ連れて行った。

・長男に英語教材を見せたり、ジグゾーパズルをしたり、字や数字を教えた。

2人いると育てるだけで精一杯で特別なことはなかなかできないし、あまり覚えていない。


次男が生まれた時に仕事を辞めた。

・家庭保育園の教材を買って、フラッシュカードをしたり、カードで遊んだりした

・長男を七田式の教室に1年弱通わせた(早期教育じゃなけど)

・長男と娘を近くの英語教室に1年通わせた


次男が1歳の時、「たくさんの言語を自然に習得しよう」というサークルみたいなところに私と子ども3人で入り、七田も英語教室もやめてしまった。

ここで子どもたちより私の方が夢中になり、いつの間にか早期教育について頭から離れてしまった



子どもたちはカード遊びなどで、字を早く覚えたり簡単な計算もすんなりできるようになったし、わりと記憶力は良い方だと思う。

小さい頃の成長記録を見ると、早くからいろいろなことができるようになって、私も楽しかった気がする。

でも、ディズニーや家庭保育園の教材は、高かったけど使いこなせなかった。

よほど子どもが好きでやりたがったり、親がしっかり計画を立てて継続して働きかけなければ使いこなせない気がする。

絵本のセットも赤ちゃん用と日本昔話と外国の絵本の原書(CDと和訳付)などたくさん買ってしまったが、それも幼稚園の頃に時々読んでやった程度になってしまった。



高い教材は買わない方がよかったが、普通の絵本は買ったり借りたりして小学校の低学年までは、毎日読んでやればよかったなあ^^;

図書館や本屋にもいつも連れて行って好きな本を選ばせればよかった。

もう何回も書いているが、本を読むことと家族でその日の出来事などを話すことを小さいうちにできるようにしたかったなあ。

本やおしゃべりが好きな人ならがんばらなくてもできることなのにね


でも他のことでは少しは効果があった気がするし、私なりにはがんばったから良しとしよう^^;


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア