歴史に学ぼう

長男は、土曜日はゴルフに出かけ、日曜日はデートだったようです。

何も言わないけど、車がきれいになっていたり、おしゃれして出ていくのでわかります。

1か月に1回ぐらい会うか会わないかぐらいだけど、どうなっているのかな。

1月にまた、高校の同級生が結婚するので、長男も早く独立してほしいです。


娘は土日は5時間ぐらいモスバーガーで働きます。

家庭教師と合わせると結構稼いでいると思うのに、卒業旅行のお金は足りないそうです。

あまり遊んでないけど、私から見れば服をたくさん買いすぎだと思います。

服の整理ができなくて、来てない服がたくさんありそうでもったいないです。

卒業旅行のお金は私が貸すことになっています。

私は一人っ子だから甘えて、大学の時の旅行代は親に出してもらっていたのですけどね^^;



さて、今日は中日新聞の2つの社説を紹介します。

問い直す「なぜ戦争を」 日米開戦から76年

・・・
それにしても日米開戦は回避できなかったのか。人はいう。中国などからの全面撤退などを求めたハル・ノート。決して日本が受け入れられない条件を提示してきたからだ-と。A(米国)B(英国)C(中国)D(オランダ)のABCD包囲網の経済封鎖のせいだと。米国の石油の全面禁輸のせいだと。在米日本資産の凍結のせいだと。でも、この対日制裁はどこから来たのか。


 時計の針を逆回しにしていくと-。二八年のパリ不戦条約のわずか三年後に日本は満州事変を起こし、傀儡(かいらい)国家・満州国をつくった。これで日本は国際連盟を脱退せざるを得なくなり、孤立化の道を歩んだのだ。三七年には日中戦争を始める。ちょうど今年は八十年にあたる。

 十二月には多くの中国人を虐殺する南京事件を起こしている。二〇〇六年から行われた日中歴史共同研究報告書が外務省のホームページに載っている。
負の歴史を直視して


 <アメリカ人記者(中略)などが、日本軍が南京で捕虜や民間人を虐殺した残虐な行為を連続して報道した。(中略)英・米・独などの外交官がさまざまなルートを通じて日本軍が南京で暴行を続けていることを報告し、世界の世論を驚かした>


 世界から孤立し侵略戦争を進めたことこそ、日米開戦に至る遠因だったろう。そして惨めな敗戦に至った原因でもある。今、負の歴史を隠す風潮がある。歴史には正直者でなければならぬ。



少し前にも書きましたが、日本は、アメリカなどから圧力をかけられて太平洋戦争を始めたのに、今度はアメリカと一緒に北朝鮮に圧力をかけています。圧力は必要ですが、対話もしなければ戦争につながらないか心配です。

侵略戦争などで世界から非難をうけ孤立していたのも今の北朝鮮と似ていて、時代も状況も違って単純に比べられないかもしれませんが、当時されて困ったことを今度はしているような気がします。

同じようなことが起きないように、政府は歴史に学んでほしいです。


「核には核」ではなくて 週のはじめに考える

・・・

その後も米国は、北朝鮮との緊張が高まるたびに、核使用を検討しました。米国の機密文書から明らかになっています。


 北朝鮮の核・ミサイルへの執着は、長い間、米国の核攻撃の脅威にさらされたことも原因です。


 世界は日本の被爆者の体験を通じて、核兵器の非人道性を学んできました。ところが、その日本政府は、核兵器禁止条約に参加しないと明言しています。


 まずは保有国が核兵器を減らした後、「核兵器廃絶を目的とした法的な枠組みを導入することが最も現実的」(河野太郎外相のブログから)。


 それがうまくいっていれば、新条約を作る必要はなかったでしょうね。核兵器の保有、非保有国の「橋渡し役」になると宣言しながら、苦しい説明を繰り返す日本政府には、「条約に参加せよ」と注文が相次いでいます。


 ここでちょっと、大国による植民地支配について考えてみましょう。植民地は、現在の核兵器のように、国際社会で認められていた時代があります。 

植民地をなくした宣言


 植民地が放逐される決定打となったのは、国連が六〇年に採択した「植民地独立付与宣言」でした。植民地が「基本的人権を否認し、国連憲章に違反する」と認め、「無条件で消滅させる必要がある」と宣言しました。


 植民地を持っていた米、英、仏などは採決を棄権しましたが、この宣言に勇気付けられたアフリカの国々が独立を宣言し、植民地は世界の地図から次々に消えていったのです。


 核兵器禁止条約に核保有国は参加していませんが、「植民地独立付与宣言」と同様に、常識をひっくり返す可能性があります。


 これまで核兵器を持つことは国際社会での「力」を意味しましたが近い将来、「非合法な兵器」に変わるかもしれませんし、変えねばなりません。



植民地がなくなったのは、「植民地独立付与宣言」があったからなのですね。

自分達は核兵器を持っていたり、同盟で守られたりしているのに、北朝鮮に開発するなと言うのはやはりおかしいと思うので、一度にやめることはできなくても、みんなで一緒に減らしていけたらいいのにと思います。

核兵器や武器を減らしたくないのは誰なのでしょう。

いつも読んでくださりありがとうございます。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
リツイートばかりですが、@sunflow771を押してみてください
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
QRコード
QRコード
検索フォーム