よく言ってくれた!!

昨日は、私の叔父(母の妹の夫)の葬儀がありました。

大人になってからは特に、あまり話をしなかったのですが、小さい頃はよく遊びに行くと近くの山に一緒に登ったり、湿原に連れていってくれたりしました。

実家に近いので両親はよく行き来していてお世話になっていました。

私は、あまり話をしていなくても、小さい頃の出来事が思い出されとても寂しいです。

母は6人兄弟の2番目で、4人の兄弟夫婦が集まりました。

いとこの結婚式以来20年以上ぶりに会った人もいて懐かしかったです。

耳があまり聞こえなくて話せないのが残念でしたけど。

親のこれからのことを考えるといろいろ心配ですが、なるべく顔を見せたり、喜ばせることを考えたいと思いました。

私が元気で明るくしていなくちゃね。なかなかできなかった実家の片づけも少しずつ手伝いたいです。


さて、昨日の「THE MANZAI」でウーマンラッシュアワーの漫才が私の見るネット上で喝采を浴びています。

私は見なかったのですが、大体の書き起こしを読むと、政治批判がテレビでできたことにとても感動しました。


ほんとに「よく言ってくれた!!」・・・という感じです。



最後の部分です。

・・・
安倍首相が完全に「トランプの犬」に成り下がっていることは、すでに世界が知っていることだが、日本のメディアだけがそこから目を逸らし、日米関係の強化を後押し。だが、武器の爆買いをネタにして、そんなのおかしいだろう、と吠えたのだ。

 そして、極めつきが、この応酬だ。

村本「現在日本が抱えている問題は?」
中川「被災地の復興問題」
村本「あとは?」
中川「原発問題」
村本「あとは?」
中川「沖縄の基地問題」
村本「あとは?」
中川「北朝鮮のミサイル問題」
村本「でも結局ニュースになっているのは?」
中川「議員の暴言」
村本「あとは?」
中川「議員の不倫」
村本「あとは?」
中川「芸能人の不倫」
村本「それはほんとうに大事なニュースか?」
中川「いや表面的な問題」
村本「でもなぜそれがニュースになる?」
中川「数字が取れるから」
村本「なぜ数字が取れる?」
中川「それを見たい人がたくさんいるから」
村本「だからほんとうに危機を感じないといけないのは?」
中川「被災地の問題よりも」
村本「原発問題よりも」
中川「基地の問題よりも」
村本「北朝鮮問題よりも」
中川「国民の意識の低さ!!!」

言葉の勢いは増し、息をつかせぬまま、最後に突きつけられる「国民の意識」という問題。社会や政治の出来事を風刺する旧来の漫才ネタではなく、情報の多さとスピード感で見る者を引きつけながら、言葉の力で圧倒させる。しかも、毒舌芸人として鳴らす村本らしく、最後はマイクに向かって「お前たちのことだ!」と言い放ち、ステージを去った




「健康になるブログ」さんに感想のTwitterがたくさん紹介されていました。

忖度なし

ネタで政治批判をすることが当たり前のことになってほしいし、政治が身近になって関心を持つ人が増えてほしいです。


いつも読んでくださりありがとうございます。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

hidepapaさん、コメントありがとうございます。
落語も政治批判をしていたのですね。

ウーマンに続いて、たけしさんと鶴瓶さんが批判をしていたので、少しずつ広がってくれるといいなと思います。
時々コメントをくださり、うれしかったです。来年もよろしくお願いします。
Twitter
リツイートばかりですが、@sunflow771を押してみてください
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
QRコード
QRコード
検索フォーム