FC2ブログ

解決策とは真逆の事をやっている政権

昨日は、難聴者向けの手話教室に行きました。

お正月に関する単語をたくさん教えてもらい、文を手話で表現しました。

その後、4人でお昼ご飯を食べましたが、みんな同年代だし、筆記をしながらなので内容がよくわかって楽しかったです。

昔の友達の集まりに行っても聞こえないので、これからは同じ状況の人たちと出会い、話せたらいいなと思います。

でも、筆記ボードを持って行けば、幼なじみとの新年会みたいに話せるから、引っ込んでいてはいけませんね。

家でやりたいことをやれるのは楽しいけど、外に出かけて友達とのつながりも大事にしたいです。


さて、今日もサンデーモーニングの話題です。

時間を拡大して今の世界の情勢について解説してくれました。

世界で右傾向が表れていたり、差別、格差、分断、対立、テロ、核拡散、地球環境問題が起こっていますが、

18世紀後半の産業革命からの世界の歴史を振り返ってくれ、今の状況になったことがよくわかりました。


解説でなるほどと思ったことを書きます。

・経済は成長しても地球は成長しない。(資源や循環のしくみなど限られている)
それで富の争奪戦になるが、いかに理性を保つかが大事。

・マネーゲームが起こり、富の集中が起きるのは必然的な事。いかに健全な資本主義にしたり、公正な分配をするか。

・リーマンショックから10年経つが、教訓を生かせず、アメリカも日本も政策によってまたバブルを生んでいる。

・今は「生の引き潮の時代」で、人々のエネルギーが少なく疲れ切っている。
 それで、その場の満足や利益を求め、アメリカファーストの政権などの利己主義を生んでしまう。
 

・江戸時代は経済成長が目的ではなく、人々が真面目に働いていたら緩やかに成長した。経済成長よりも幸せな働き方、生き方が大事。

目先の問題を歴史の大きな流れの中で今を見ると、何が大事かがわかるから、世界中の人にこういう情報を見てほしいと思いました。


日本でも、第2次大戦後に国連ができた時に「基本的人権、自由、寛容、平和、非武力」などの言葉が出てきたのに、現政権は憲法改正をして、戦争ができるようにしたり、緊急事態条項で国民の自由を奪おうとしています。

また、富の公正な分配をしなくてはいけないのに、弱者に厳しく、富裕層に優しい政治をしています。

首相は、年始から「憲法改正は歴史的使命」と言って、改正に向けて議論を進める事を話しました。、それをメディアは批判せず、自然の流れみたいになってしまっています。

いつも書いていますが、
「権力を縛るためにある憲法」を権力者が率先して変えようとすることはおかしいのに・・・・

メディアがそのことをほとんど伝えないから、「時代の流れで今の時代と合わなくなっているから改憲は必要」とか、「自衛隊を憲法に書いて認めてあげた方がいいか」とか、「大震災が起こったり、ミサイルが飛んで来た時に、緊急事態条項があった方がいいか」と軽く考えてしまう人も多いのでしょう。

改憲派が議員の3分の2を超えているので、国民投票があるかもしれません。今から、みんなが騙されないように、憲法についての情報を広げていけたらいいと思います。

いつも読んでくださりありがとうございます。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

hidepapaさん、ありがとうございます。
敗戦直後は、国民みんなが、もう戦争は絶対にしたくないと思ったはずなのに、今は「相手が悪いから武力行使も仕方ない」と思う人が出てきてしまいましたね。
私は子どもとも、戦争のことや、今の世の中のことについて話したことはあまりありません。
ニュースを見ながら、一人でブツブツ文句を言ってしまうので、それを時々聞いてはいますけどね^^;
私の場合、耳が悪くなって会話があまりできませんが、メールで情報を伝えるだけでもしていきたいです。
Twitter
リツイートばかりですが、@sunflow771を押してみてください
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
QRコード
QRコード
検索フォーム