FC2ブログ

労働者のためではなく財界のための政治

2月11日から、「あすけん」というアプリに毎日の食事内容、運動記録、体重、体脂肪などを記入しています。

ウォーキングや体重計のアプリと連動していないので自分で入力するのがちょっと面倒です。

有料だと食事は写真を写せば勝手にカロリーを計算してくれる機能があるのですが、お試し期間が終わったので自分でメニューを探して記録しています。

アドバイスも毎日くれるし、日記を公開するようになったら会員の人にコメントをもらえました。

食事のカロリーに気をつけるようになったし、間食を減らすこともできました。

やっぱり運動と食事と両方気をつけないと痩せませんよね。

まだ成果は出ていませんが、諦めずにまずは3か月続けたいです。



さて、昨日裁量労働制についての質疑のことを書きましたが、国会中継を見る人は少ないと思うので、またTwitterに載せてくださった書き起こしを紹介したいと思います。



できれば吹き出しをクリックしてみてください。


・長妻議員が総理に質問しているのに、まず厚労大臣に答えさせる。

・いつもそうですが、聞かれたことに答えず、自分に都合のいい話を原稿通りに読んで時間稼ぎをする。


一部を抜き出します

・・・
長妻「総理から29日の答弁レクの話がございましたけれども、その時には、JILPTが作った、裁量労働制労働時間は通常の労働者よりも長いというデータがあると、総理は、このデータを知っていながら、29日、片方だけ答弁されたってことなんですか?」


首相「これはあの、長妻委員ね(こうやって呼び掛ける時は、何か誤魔化す時)、あの、予算委員会の前の、総理の、いわば答弁レクって言うのはですね、短い間に、7時間、出てくるですね、えー、17~8人のですね、答弁を全部、やるわけですよ、それはですね。

ですから、一つの、一つの質問について、
そんな、2分とか、それくらいしか、ひゃ、100問近いもの、でありますから、当然、それくらいしか、時間をかけることが(このあたり、呂律がおかしい)できない、わけでありまして、一つについて、深く深くやっているんであれば、それは、たとえば5日前くらいからですね、あの、おー、おー、

質問、質問通告をして頂いて、ガッチリですね、やっていけば別ですよ、私のとこにやってくるのは、当日の朝ですから。秘書官を経てですね、そこで、勉強するわけで、ございまして。一つ一つの資料をですね、これをブレークダウンして、正しいかどうか確認しろなんてことは、あり得ないんですよ。

それは。当然、あがって、役所から上がってきた、資料についてはですね、その資料を、ある程度信頼して、答えざるを、これは、得ない、わけでございまして。これは、当然の、私は、ことであろうと、こう思うわけで、ございまして。そして、いわば、答弁があがってくる上においてもですね、

相当これは、夜遅くまで、役所も、そして、我々の秘書官もですね、作業をした上で、まぁ朝、出て、早朝出てくる、わけでございまして。で、そこに於いて、ですね、えー、ですから、私の答弁に於いてはですね、私の答弁に於いては、一般労働者よりも短いというデータ『も』ある、と言う風にお答え


を、さして頂いているわけで、ありまして。そういうお答えをさして頂いて、それ以外のデータを、否定する答弁には、なっていない、わけで、ありまして。事実、私の答弁の、もともとも資料も、そういう答弁に、なっていた、ところ、でございまして。で、この答弁を、私は、行ったと。ま、

こういうこと、で、ございます。えー繰り返しになりますがですね(やめろ)いわば、予算委員会でありますから、この問題だけをやっているわけではない、わけで、ございまして。で、様々な、あー様々な質問が出てきて、質問される方の中には、私、に、結局、その質問をされない方も沢山おられます

しかし、質問、されなかった、ものも含めて全て、我々は、答弁レクをしながら、えー、そこで、短い間ではありますが、ディスカッションをして、どういう答弁をしていくかと言う事を、ま、決めていく、わけでありますが、これ、100問以上、ある、中に於いてはですね、え、これ、当然、ある程度、

一つ一つの質問については、短い時間で、効率的にやるしかないと、こういうことでございます」(実際の答弁は長いなー)

長妻「全然、総理、間違った答弁をした責任を感じておられないような答弁ですよね、これ(JILPTのデータ)がレクの時に示されたのかと、シンプルなことを聞いてるのに、

お答えにならない、全然、質問にお答え頂いてないわけでありますけれど。・・・



言っていることがわかりにくいし、言い訳を繰り返して長々と喋っています。

「残業代は出ないのに残業時間が増えるのではないか」と問題になっているのに、無理やり裁量労働制を拡大させる法案を遠そうとしているのは、財界に有利になるようにしたいからですよね。

そのためには労働者が苦しんでも構わないということですよね。

こんな法案を通そうとしている自民党をどうして多くの人が支持しているのでしょう。


今日の朝のニュースでは「裁量労働制の対象拡大について、施行時期を現行の予定から1年遅らせて2020年4月とする修正案の検討に入った」ということですが、遅らせるのではなく、裁量労働制の拡大が必要かがまず問題だと思います。



いつも読んでくださりありがとうございます。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
リツイートばかりですが、@sunflow771を押してみてください
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア
QRコード
QRコード
検索フォーム