働きかけを楽しむ

私は受験勉強についての文章を読むと、なるほどと思うことが多く前向きになれる。

しかし、次男に見せても心には響かないようだ。

一応がんばって勉強しているだけでもうれしいことだが、欲が出てもっとがんばってほしいと思ってしまう。

勉強ができる子たちは、勉強が苦痛ではなく、面白くてついついやってしまうという子が多いと思うが、次男はまだまだその域には行けない。

無駄な時間はあって、やろうと思えば自主勉強ができるのに


娘も高校時代は勉強をがんばっていたが、徹底してやることや楽しんでやるということができてなかったと思う。

今娘に高校の時のことを聞いても「もう忘れた」と言って思い出すのも話すのも面倒なようでわからないが・・・

私は今、勉強のことを調べて読むことが楽しくてついついやってしまうし、次男の反応は乏しくても、伝えれば次男ががんばれそうな気がして元気になる。

どうしたらもっと次男のやる気が出るか、働きかけを工夫したい。

今は期待外れが多いけど、私が楽しんでやっていることだから「ダメで元々、変わればラッキー」と思っている。

こんなことばかりしてないで、涼しくなってきたから、家の片づけをしなくちゃいけないんだけど・・・

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア