脅威を煽るのは何のため?

次男は平日は夕方から塾のアルバイトにくことが多いですが、夕方までは部屋にずっといるし、土日はバイトもなく部屋にずっといます。

いつも言っていますが、本を読んでいるならいいですが、寝たりゲームをしたりしているだけだったら時間がもったいないです。

受験勉強ばかりずっとやってきたので、何をやったらいいのかわからないのかな。

将来のために何か役立つこととか、興味があってやりたいことを探せばいいのに。

遊び歩いてばかりになるのも困りますが、時々外に出て、いろいろ経験してほしいと思います。

私自身も、仕事をやめたら何をするかを考えていても、なかなか見つからないのですけどね^^;

友達は何をやっているのかな?夏休みの残りの3週間、有意義に過ごしてくれるといいなあ。


さて、昨日は北朝鮮の建国記念日でしたが、ミサイル発射などがなくてよかったです。

でも、明日の石油禁輸などの安保理決議案がどうなるかを見てから、また軍事挑発をするのではないかと言われています。

日本は太平洋戦争をどうして始めてしまったかを詳しく知りませんが、石油が輸入できなくなったのも理由の一つと聞いたことがあるので、制裁を強化しすぎて大丈夫なのかと思ってしまいます。

スイスの大統領が仲介をかって出てくれているし、その他でも水面下の交渉があると思うので、うまくいってほしいです。


今日の中日新聞の社説です

桐生悠々と防空演習 週のはじめに考える

・・・・
北朝鮮は、在日米軍基地を攻撃目標にしていることを公言していますし、稼働中であるか否かを問わず、原発にミサイルが着弾すれば、放射線被害は甚大です。


 しかし、政府は米軍基地や原発、標的となる可能性の高い大都市へのミサイル着弾を想定した住民の避難訓練を行っているわけではありません。有効な避難場所とされる地下シェルターも、ほとんど整備されていないのが現状です。


・・・

原発稼働なぜ止めぬ


 戦力不保持の憲法九条改正を政治目標に掲げる安倍晋三首相の政権です。軍備増強と改憲の世論を盛り上げるために、北朝鮮の脅威をことさらあおるようなことがあっては、断じてなりません。


 国民の命と暮らしを守るのは政府の役目です。軍事的な脅威をあおるよりも、ミサイル発射や核実験をやめさせるよう外交努力を尽くすのが先決のはずです。そもそもミサイルが現実の脅威なら、なぜ原発を直ちに停止し、原発ゼロに政策転換しないのでしょう。


 万が一の事態に備える心構えは必要だとしても、政府の言い分をうのみにせず、自ら考えて行動しなければならない。悠々の残した数々の言説は、今を生きる私たちに呼び掛けているようです。





本当に、安倍総理は、軍備増強と改憲の世論を盛り上げるためや、支持率をあげるために北朝鮮の脅威をあおっているように見えます。

勇ましいことを言えば、憎悪をまねくし、アメリカから高い武器を買わされることになります。


最近、小泉元首相が日朝首脳会談を実現させたのは、1年間の水面下での交渉があったからという報道もありました。

安倍総理も水面下で、米朝会談ができるように橋渡し?ができたらいいのに・・・

話し合いも平行線をたどるだけかもしれませんが、軍事衝突は絶対に避けるために粘り強い交渉が必要だと思います。


にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

スキャンダルより大事なことを

木曜日にカーブスで身体測定をしました。

ウエスト、下腹、ヒップは2か月前と比べて2cmぐらいずつ減ったのですが、体重、体脂肪率は少し増え、骨格筋率は減っていました。

どういうこと?ウエストなどを測る時、ちょっとお腹を引っ込めちゃったかな?

週2回か3回は行っていたのになあ・・・

「疲れにくくなった」「姿勢が良くなった」「肩こりがやわらいだ」「便秘が治った」・・・など、多くの人?が感じる良くなったことは、何もないし、効果が感じられないとやる気が・・・・。

でもまだ3か月だからもう少し頑張ってみようかな。

一つだけ良いことは、筋トレの後はすっきりしてやる気が出る感じかな・・・すぐ元にもどるけど^^;


さて、民進党の混乱は続いていますね。

山尾氏の不倫疑惑は残念でしたが、誰かの陰謀説があったり、マスコミが必要以上に騒いで潰そうとしている気がして胸が痛みます。

自民党議員のスキャンダルは、早く辞めればいいのにと思いますが、山尾氏の場合はがっかりだけど、安倍総理を追い詰めることができる人だから、反省してまたがんばってほしいと思ってしまいます^^;

また、前原氏は維新にも選挙協力を要請したというニュースがあって、これの方が怒れてきました。

野党とは名ばかりで、共謀罪の成立の時も与党に協力した維新にすり寄るなんて呆れます。

枝野さんが仲間を集めて分裂してくれたらすっきりするのに。


アメリカと北朝鮮の対立は続いていて、エスカレートするばかりなのに、安倍首相は北朝鮮を刺激することばかり言って、日本も標的にされてしまいそうです。

それなのに、マスコミはほとんど批判せず、国民も厳しく言うのは仕方ないと思っているのかな?

プーチンさんも嫌いだけど、この件に関しては、「北朝鮮は雑草を食べることになっても核開発を続けるから、制裁よりも対話」と言ったりして、納得できます。



最近の安倍政権のやっていることもひどいので書き出してみます。

・先月の北朝鮮のミサイル発射を安倍総理は前夜から知っていたのに国民に知らせず、Jアラートを鳴らして国民を不安にさせた。

・上記のことについて望月記者が菅官房長官に質問すると、「答えを控える」と言った。

・答えにくい質問をされないように、政府は東京新聞に文書を出して圧力をかけた。

・麻生副総理の失言が続く。「ヒトラーは動機が正しくてもダメ」、「(選挙区の祭りの時は)ほとんどきちがいのような人ばっかりだ」

・竹下亘総務会長は、「(ミサイルが)島根に落ちても何の意味もない}と言ったが、撤回もしなかった。

・日立がイギリスに作る原発について、日立に融資する資金を日本政府が(税金で)全額補償することを検討している。


東芝がああいう目にあっているのに、また日立の原発輸出を支援して、失敗したら税金で穴埋めしようとするなんてどうかしています。


これらのことは、大きく報道されないから政治のニュースをあまり見ない人は知らないかもしれません。

聞いても、深く考えず「どうしようもないなあ・・・」で過ぎていってしまうのでしょうか。


ツイッターより

極論をいうと、山尾議員はこの件で国政に迷惑かけただろうか?

安倍晋三は国民を裏切、血税を加計経由で自分の物にしている。

どちらが罪か


安倍氏は
海外に出かける度にお土産。総額40兆円以上をばら撒き
お友だち加計氏には規制緩和と称して官僚には忖度させ、自治体からは100億の交付金
肩書きが欲しい妻には5人の秘書官を付けても「私人」だと閣議決定
関わっていたら辞めると言った議事録を削除

税金と特権を使い放題



にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村










戦争回避のために

前にも少し書きましたが、この頃、仕事をやめるかどうかについていつも考えています。

耳もだいぶ悪くなったのでやめた方がいいのかもしれませんが、頭や体をあまり使わなくなったり、ずっと家に居て誰とも話さなくなると、どうなっていくのか心配です。

耳が普通に聞こえたら、いろいろなことに挑戦できると思いますが、聞こえないと仕事はもちろんできないし、習い事なども説明が聞こえず、やれることは限られてしまいます。

その中で自分に合ったことが見つかるかどうかわかりません。

外に出なくても、家をきれいにしたり、手間をかけて食事を作ったりできるといいのですが、家で好きな事ばかりしてしまうかもしれないし・・・

と考えているうちに時間はどんどん過ぎていってしまいます。

やめてみないとどうなるかわからず、考えていてもしかたないのですけどね・・・



さて、民進党の国対委員長の松野氏が、共産党との選挙協力をすると言っているそうでよかったです。

でも、山尾氏が幹事長になるという情報が出たのに、党内の反対で変わってしまったそうです。それもスキャンダルなのかな?残念です。

北朝鮮が核実験をしたり、またミサイルを撃つという情報もあり、安倍総理は各国首脳と電話会談をしています。

「北朝鮮とアメリカに軍事衝突があった場合、日本は集団的自衛権を使って軍事的な作戦に参加する」とトランプ氏に伝えたのではないかという報道もあります。

集団的自衛権は日本を守るどころか、戦争に巻き込まれて危険になることがよくわかりました。

特定秘密保護、安保法、共謀罪法などを無理やり通して戦争ができる国にしようとしている安倍さんが総理大臣をやっているので、アメリカと一緒に戦争をしてしまわないか心配です。

安倍さんだけでなく、今日の国会でも「北朝鮮への制裁を強化する」と決まったようだし、国民も世論調査によると「対話よりも(経済的?)制裁を」と考えている人が多いようです。

太平洋戦争の時は日本が追い込まれて無謀な戦争を始めてしまいました。立場は違いますが同じ過ちを繰り返さないでほしいです。



リテラの記事と最後の部分を紹介します。

米国との軍事一体化で日本も攻撃対象に

北朝鮮の核問題の本質は米朝関係にある。本来ならば、国際社会は米朝の“雪解け”に尽力せねばならず、実際、中国やロシアだけでなくドイツなどもトランプ大統領に自制を求めているのに、これを率先してやるべき日本の安倍首相だけは「トランプ大統領と完全に一致」「日米は100パーセントともにある」などと言い続け、軍事的一体化まで求めるような「相互防衛」をわざわざ確認した。しかも、国民の声をまるで無視したまま、だ。

 専門家のなかでは、依然として、米朝の軍事衝突があるならば米側の先制攻撃で始まるとの見方が強い。安倍首相は、政権浮揚のためにアメリカの仕掛ける戦争に日本を巻き込ませるのか。わたしたちがなすべきことは、ミサイルの恐怖に屈して好戦的世論を醸成することではなく、なんとしても戦争を回避するため、冷静に対話と外交努力を続けるよう、政府に異を唱え続けることに他ならない。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

小義を捨てて大義を取る

娘は、金、土と研究室の旅行に行きました。

大学4年生と院生で女子は3人だそうです。

岐阜に行ったそうですが、私が聞こえないから言うのが面倒なのか地名も教えてくれず、やったことも食材のサンプルを見せてくれただけです。

大学1年の旅行でも作ったような・・・

写真も撮らなかったと言うし、つまらないなあ。


さて、民進党の代表が前原氏に決まりましたね。

自民党の考えに近い前原氏よりも枝野氏になってほしかったけど、仕方ありません。

今日のサンデーモーニングでも言っていましたが、

共産党とは考えがだいぶ違っても、反自民の有権者のことを考えて一緒に戦ってほしいです。、

共産党を含めた野党共闘でない限り与党には勝てないと思います。

「しあわせの青い鳥」さんのブログに自由党の小沢氏の考えが載っていました。



小沢共闘プラン=【民進+自由+社民が解散して、新党を作る。この新党が共産党と選挙協力】


①サンデー毎日(9/3号)の小沢自由党代表談:
野党共闘について、「共産党は中にはいらない。協力政党だ。連立内閣には、共産党も入りたくないであろう」「最善の策は、民進、自由...
社民が新党を作ることだ。」


②次回選挙の目的は、【安倍政権の下での改憲阻止】(民進、自由、社民+共産の議席を1/3以上にすること)の一点と割り切るべきである。
小さい正義を議論して、大義(安部違憲状態政権による改憲阻止)を失うことは、本末転倒の愚である(私見)。


1)消費税10%(前原)と8%以下(共産)のどちらが正義か、
2)護憲(共産)か安倍政権の改憲阻止の後には改憲もありうる(前原)のどちらが正義かは、
大義(安部違憲状態政権下の改憲阻止)と比べれば、圧倒的に小さい問題である。


本当にこのとおりだと思います。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村






戦争や軍拡で何も解決しない

昨日次男が合宿から帰ってきました。

初めてユニフォームを着て練習をしたので、久しぶりに土で汚れた服や靴下を洗いました。

琵琶湖で水遊びはしなかったのですが、夜は飲み会だったそうです。

詳しく話してくれないので様子はよくわかりませんが、無事に帰ってきてよかったです^^;


さて、北朝鮮の挑発はまだ続くようで、トランプ大統領が挑発に載って武力行使をすることがないようにしてほしいです。

昨日の朝イチで元イスラエル兵の人が子供たちに「戦争を防ぐためにはどうしたらいいか」というお話をしたそうです。

朝、FBで「よかった」と紹介されていたのにすぐ消されていました。

政府に都合が悪い話は消されてしまうようです。


ダニーさんはイスラエルで「戦争はしょうがない」「国のために死ぬのはすばらしい」という教育をうけたそうです。

でも、「生きるか死ぬか」「攻撃をするか攻撃を受けるか」どちらかと言われて信じていたけど、

「誰も殺さない誰も死なない道を探るのが大事」という話がありました。

また、今年の3月の中日新聞に、いつも菅官房長官に食い下がって質問する望月記者が、ダニーさんにインタビューして書いた記事がありました。

ダニー・ネフセタイ 元イスラエル兵


後半を抜き出します。


-福島の原発事故からは何を感じましたか。


 3・11があり、戦争が日常だった国に生まれた私は日本に巣くう軍需産業と原発産業を強く意識するようになりました。二つの産業の共通点は、少しの人の利益のために大勢の人が犠牲になることです。


 防衛費に国家予算の二割を割き「国民の命を守る」というイスラエル政府も、戦争になると、国民を100%守れるとは、とても言えません。


 平和のための努力をせず、軍事費に予算を回すイスラエルと、かたや自然エネルギーに移行せず、原発再稼働を進める日本。どちらも、犠牲が出た際の合言葉は「次は絶対安全だ」でしょう。疑う心を持たないと国はやりたい放題。原発再稼働になれば、次の事故も時間の問題でしょう。3・11を経験したのに、原発輸出を進める。暴挙としか思えない。
 -一四年からイスラエルの軍事企業が日本の防衛企業と商談を進めています。


 無人戦闘機開発で、両国が急接近していることをニュースで知りました。イスラエルの無人戦闘機技術に日本の高度なセンサー技術などを組み合わせるというものでした。あまりにもばかげた試みです。両国が共同開発した無人機が将来、“敵”と見なす国の空を飛び、ボタン一つで子どもたちをも巻き込み、殺す。そんな状況を日本人は許せるのでしょうか。


 中東を軍産複合体のいけにえにしてはいけないのです。日本にこそパレスチナの悲惨な現状を知ってほしい。イスラエルとパレスチナの歴史を知れば、戦争や軍拡が何をも解決しないことが分かるでしょう。

 -日本はどうしていくべきだと。


 テレビや新聞は、ナショナリズムが激しくぶつかる尖閣諸島や竹島の領土問題を頻繁に扱い、その結果、中国や韓国へのイメージは悪くなるばかりです。いまの日本は、アラブ人に囲まれたイスラエルの状況に近いのかもしれません。やるべきことは“敵”に見える国を知るために、たゆまぬ努力を重ね、軍事によらない解決策を探り続けることではないでしょうか。
 軍拡や原発輸出に頼ろうとする今の日本の政治や経済のあり方を根本から見直す必要があるのでは。未来を生きる子どもたちに、戦争や軍拡に頼る「平和」を託してはいけません。どちらも平和とは全く相いれないものであることを、一人でも多くの人に気付いてほしいのです。


◆あなたに伝えたい


 日本に巣くう軍需産業と原発産業を強く意識するようになりました。二つの産業の共通点は、少しの人の利益のために大勢の人が犠牲になることです。



北朝鮮とアメリカに対して対話を勧めることはせず圧力一辺倒の安倍政権は、日本を危険にさらすだけなので、本当に辞めてほしいです。

ダニーさんの話を聞いても、今までの歴史を振り返っても武力で相手を抑えようとしたら、反発されるだけなのに。

にほんブログ村 子育てブログ 大学生以上の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村




検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア